記事詳細

【青島美幸のスーダラクッキング】キャベツを千切り→熱湯ザザーっと→鮮やか緑に変身! 「キャベツのお浸し」 (2/2ページ)

 で、今回ご紹介する一品はキャベツのお浸し。まず、キャベツを洗って千切りにします。ザルにキャベツを乗せたらザザーっと熱湯をかけます。すると、どうでしょう。キャベツがサワサワサワ~と鮮やかな緑色に変身するのです。美しい。

 お皿に乗せたら、オリーブオイルをひとかけね、コクのあるオリーブオイルがおいしいです。その上からお醤油を一文字にチャッとひとかけします。お好みで鰹節なんかふりかけようもんなら、あーた。キャベツのほのかなあまーい香りに鰹節の香りがあいまって、うーん、おいしいんだからこれが。是非ッおためしあれあれ~~。

 《材料 一人分》   

 キャベツ 葉っぱ一枚程

 オリーブオイル 大匙1

 お醤油 小さじ1

 おかか 少々

 《作り方》       

 (1)キャベツを一枚用意します。

 (2)キャベツを洗います。

 (3)キャベツを千切りにします。

 (4)千切りにしたキャベツをザルに移します。

 (5)ザルの中の千切りキャベツに熱湯を注ぎかけます。

 (6)ザルの中でお湯をチャッチャッと切って、お皿に盛ります。

 (7)しんなりしたキャベツにオリーブオイルを回しかけます。

 (8)お醤油を一文字を引くようにサッとかけます。

 (9)最後にお好みでおかかをパラパラっと振りかけたら、あとは食べるだけ。

 ■ポイント

 熱湯はまわしかける。この時やけどをしないように慎重に。

 ■青島美幸(あおしま・みゆき) 作家。1959年生まれ。『青島家の食卓』(グラフ社)ほか著書多数。放送作家、講演、タレント活動など幅広い。父は参院議員、都知事を歴任、「スーダラ節」など数々の作詞を手がけた直木賞作家の青島幸男氏

関連ニュース