記事詳細

「令和」もいいけど「昭和」もね! 見た目が若返る食事法「昭和50年食」で薄毛を防ごう!

 平成から令和に変わろうとする今、なんと昭和の食事法が注目を浴びています!

 なんと、東北大学大学院での研究で、老化スピードを遅くして見た目を若返らせる可能性が大きいとわかった食事法は「昭和50年食」です。

 下の写真をご覧ください。これは、試験でのマウスの毛並みの変化ですが左右で全く違います。左が現代食を食べたマウスで右が昭和50年食を食べたマウス。右は、ツヤツヤ毛並みで若見えなのがわかります。これ、人間にも当てはまるそうです。

 昭和50年食とは、その名の通り昭和50年前後(1975年前後)に日本でよく食べられていた食事のことで、たんぱく質・脂質・炭水化物がそれぞれ13~20%、20~30%、50~65%と理想的な割合でとれるのが利点だと、研究した東北大学大学院准教授の都築毅先生は話します。新陳代謝を正常に近づけたり、内臓脂肪の蓄積を防いだりして、老化に急ブレーキをかけると考えられます。

 ちなみに、昭和50年食は以下の7つがポイントです。

(1)豆類を多くとる

(2)1日1~2個の卵を食べる

(3)海藻類を多くとる

(4)味噌汁を1日2杯飲む

(5)魚は毎日、肉は1日おきに食べる

(6)調理法は「煮る」を最優先する

(7)食後に果物を食べる

 都築先生は、白髪や抜け毛の予防に役立つ可能性を指摘しており、「健康作用が大きく、老化を遅らせ、長寿をもたらす」と話しています。くわしくは下記の関連ニュースもご覧ください。

関連ニュース