記事詳細

【青島美幸のスーダラクッキング】ふわふわぁ~でアッツアツ! とろける美味しさ「かつ丼の分かれ」 (1/2ページ)

 皆さん、ご機嫌いかがですか? 青島美幸です。今回は「かつ丼の分かれ」です。

 「かつ丼の分かれ」は青島家の定番です。

 「かつ丼の分かれ」というネーミングに馴染みのない方もいらっしゃるはず。

 私が小学生のときでした。この「かつ丼の分かれ」という言い方をとても奇異に感じて、父に訪ねたことがありました。

 「ねえ、なんで『かつ丼の分かれ』なんて名前なの? へんだよね?」

 すると、父は「だってご飯の上にかかってないじゃない? ご飯の上に乗ってたら単なるかつ丼だけど、これ、ご飯と分かれちゃってるから、分かれってんだよ」

 「ああ、そういうことね」

 それにしても変な名前。

 安易な名前に腹を立てていたことを覚えています。

 父が死んでもう13回忌を迎えましたがこの「かつ丼の分かれ」でまた父を思い出しました。

 私は病的なファザコンですが、娘に思い出してもらえる父は死んでも幸せ者だと思います。ほんとかな?

 今回は長ネギを使いました。

 玉ねぎを使うときは玉ねぎのお話をしますが、今回は長ネギ。

 私は長ネギのほうが好きです。

 玉ねぎを使うと玉ねぎの甘みが出てしまって、切れ味が悪くなるので、私は断然長ネギ派。

 長ネギは斜め切りがいいですね。

 5ミリぐらいがちょうどいいと思います。

 長ネギをあんまり厚ぼったく切ってしまうと、がりがり歯にあたって、しまいに口の中でネギ臭くなるから食べているうちに怒りがこみ上げてきます。

 かつは1センチぐらいに切ったほうが味がしみこんでおいしい。

関連ニュース