記事詳細

【肺がん検診のウソ・ホント】検査機器の差で死亡率が50%減に! (1/2ページ)

★(1)

 国内のがんの死亡数でどの臓器が一番多いのかご存じだろうか。男性1位(5万3000人)、女性2位(2万1000人)、男女合わせて1位となるのが肺がんだ(2017年統計)。

 がんは遺伝子の異常により起こり、高齢になれば発症率が上がるとされる。その中で肺がんによる死亡数が最も多いのは何かワケがあるのに違いない。

 そこで読者のみなさんにクイズ。

 Q 肺がんによる死亡数が1位のワケは?

 (1)いい治療薬が少ない

 (2)喫煙者が増えている

 (3)検査方法に問題がある

 A (1)は「×」。肺がんの治療薬は種類も豊富で、しかも進化している。がん細胞を特異的に攻撃する分子標的薬がいち早く使われ、さらに本庶佑・京都大特別教授がノーベル賞に輝いた免疫チェックポイント阻害剤「オプジーボ」も肺がんに適応された。

 (2)も「×」。喫煙率は年々減少傾向にある。ただ、禁煙していても喫煙経験者は後に肺がんを発症するケースもあり、安心はできない。

 ということで、正解は(3)の検査方法だ。

 がん研究者によると、肺がんの死亡率増加は、ある検査方法では見つかりやすいのに、別の検査方法では見つかりにくいことが理由の一つだという。

関連ニュース