記事詳細

【今坂佳美 生活習慣病撃退レシピ】キュウリのすりおろしは万能! 代謝アップし脂肪を効率よく分解「梅キュウリだれの豚しゃぶ」

 キュウリが収穫期を迎えています。わが家の畑でも例年以上にたくさん採れました。しかし、キュウリを大量消費しようとしてもなかなか最適なメニューが思い浮かびませんよね。そこでおすすめなのが「すりおろし」です。私も毎日のように、すりおろし器でゴリゴリ作業をしているんですよ(笑)。

 キュウリに含まれる栄養素で、近年話題となっているのがホスホリパーゼ。2011年に日本で発見されたこの成分は、代謝を向上させ、脂肪を効率よく分解する酵素として知られています。酵素は熱に弱いため生食がベストなのですが、さらに、すりおろすことで酵素が活性化され、その働きが何倍にもパワーアップします。キュウリだけでなく、ニンジンやダイコン、カブといった消化酵素を多く含む野菜はすりおろして摂取するのが効率が良いそうです。

 キュウリのすりおろしは万能! 今回のようにさまざまな料理に和えてもいいですし、サラダのドレッシングにしたり、うどんやパスタなどの麺類にのせてもOK! これならおいしく&無理なくキュウリの大量消費が可能になりますよ。

 【材料】2人分
 豚しゃぶ用肉 180グラム
 レタス 5枚
 ミョウガ 2個
 酒 少々
 [A]
 キュウリ 1本
 梅干し(大) 2個
 ごま油 大さじ1
 しょうゆ 大さじ1

 【作り方】
 1 レタスは葉をちぎり、ミョウガは千切り、キュウリはすりおろす。
 2 鍋に湯を沸かして酒を入れ、豚肉をさっと茹でてザルにあげて粗熱をとる。
 3 お皿にレタスとミョウガを散りばめて豚肉を盛り、[A]を和えてかける。

 ■今坂佳美(いまさか・よしみ) 1975年生まれ、静岡県浜松市在住。料理研究家で珠算指導者。二男一女の母で、ボートレーサー故ガッツ今坂の妻。

関連ニュース