記事詳細

【今坂佳美 生活習慣病撃退レシピ】夏にピッタリ、簡単で栄養満点! 「トマトとキュウリの黒酢だし漬け」

 7月に突入し、“令和最初の夏”本番も間近。夏風邪や睡眠不足、食欲低下などで体調が崩れやすくなるので、普段の食事からしっかり栄養管理を心掛けてくださいね。そんな今回は、簡単かつ栄養満点で、食事のアクセントとなる「だし漬け」をご紹介。一晩漬け込むだけで、野菜に味が染み込み、不足しがちな栄養素を無理なく取ることができますよ。

 “生活習慣病撃退”に効果を発揮するのが、漬け汁で使用する酢です。酢には血糖値の上昇をゆるやかにし、血圧を下げる効果があります。また、殺菌効果もあるので、食中毒の原因となる大腸菌などの減少が期待できますよ。普通の酢でも良いのですが、今回は黒酢を使用。黒酢の方がコクやうま味が引き立ち、ツンとする酢特有の酸味がまろやかになるんです。

 キュウリやトマト以外にも、ナス、ミョウガ、ゆで卵を漬け込むのもおすすめ! 唐辛子を多めにしてスパイシーな味わいに仕上がっていますので、食欲低下気味の時でもおいしくいただけます。夏の食卓の「もう一品」にぜひ試してみてくださいね。

 【材料】2人前

 ミニトマト 10個

 キュウリ 2本

 [A]

 かつお節 3グラム

 だし昆布 5センチ

 お湯 150cc

 黒酢 大さじ2

 しょうゆ 小さじ3

 塩 小さじ1/4

 輪切り唐辛子 15個

 【作り方】

 1 ミニトマトはヘタを取り、キュウリは乱切りする。

 2 容器に[A]を入れる。粗熱をとり、ミニトマトとキュウリを入れて冷蔵庫で冷やす。

 ■今坂佳美(いまさか・よしみ) 1975年生まれ、静岡県浜松市在住。料理研究家で珠算指導者。二男一女の母で、ボートレーサー故ガッツ今坂の妻。

関連ニュース