記事詳細

【おやじ酒場】「プラス1000円の満足度」求め日々研究! 東急池上線長原駅・厳選もつ焼き居酒屋「池田屋」 (1/2ページ)

 古い電車のドアのそば~ 1970年代後半に西島三重子が切なく歌った「池上線」は、蒲田~五反田間を走る昭和の風情を残す路線だ。長原駅の近くには、日蓮上人が休息して池のほとりで足を洗ったという言い伝えのある洗足池もある。今宵、呑兵衛も道のほとりの赤ちょうちんで休憩しよう。

 長原駅の小さな改札を出ると目の前は「ぱすてる商店街」。レンガ舗装のおしゃれな雰囲気。洗足池がある中原街道方面に向かって歩きはじめると、もつ焼きの提灯がゆらゆら手招く。のれん代わりに紺色のホッピー前掛けが並びインパクト抜群。イケメンの店主、池田武文さんが笑顔で迎えてくれた。

 口開けというのにご常連がおそろいだ。左側にテーブルが4卓、右側は厨房(ちゅうぼう)をL字に囲んで10席ほどのカウンター。止まり木に腰を落ち着けてホッピー(白・黒セット450円)にしましょう。

 喉を潤しお品書きをのぞきこむ。メーンはもつ焼き(130円~)で1本からの注文もOK。塩・タレ・味噌と3種の味。池田さんイチ押しの「ネギ塩おまかせ5本串」(580円)をお願い。豚(この日はタン、カシラ、レバー)、鶏(同スナギモ、トリ皮)の串の盛り合わせ。これでもか! というほどのネギ山でお味サッパリと。

関連ニュース