記事詳細

【おやじ酒場】ここでしか食べられない「柚子胡椒鯛のあて巻き」 JR山手線大塚駅・大塚のれん街「魚寿司」 (2/2ページ)

 『握り寿司』はお好みで1貫90円~。ひと手間かけた『極み寿司』は同130円~。盛り合わせ(6貫990円~)も各種そろうが、おススメは握りと極みが彩られた「大将の盛り合わせ」(6貫1290円)。最初に手をのばしたのが「マグロ ロッシーニ風」。マグロにあん肝とトリュフが溶け合い寿司の三重奏。差し替えは地酒「播州一献 超辛口 純米(兵庫)」(5勺360円)。スッキリまろやか、刺し身に寄り添った。

 のれん街には、手品師やバルーンアートの大道芸人、ギターの流しも練り歩き、江戸肉酒場やスナックなどもある。ハシゴ酒と決め込もう!

 ほろ酔い予算2500円~

 ■東京都豊島区北大塚2の27の5。03・3910・1177。営業17~翌3、日祝16~23・30。不定休

 ■高山和久 昭和の時代濃い酒場、うじうじと長っ尻できる居酒屋をこよなく愛す。お笑い系芸人を取材した後、今宵も東西南北の街でチョイと一杯、はしご酒~。

関連ニュース