記事詳細

【健康誌イチオシ特報】老眼改善には脳の機能アップも重要!? 専門家「まずは、目と脳の連携をよくすること」 (1/2ページ)

 いよいよ本格的な夏の到来! 本日発売(一部地域では異なります)の『はつらつ元気』9月号の大特集は「老眼」です。老眼を自力で改善するための“真夏の2週間プログラム”を掲載。1日1つの目のトレーニングを14日間にわたって行うことで、老眼の改善を目指します。

 早い人では40代前半、50代を迎えるころにはほとんどの人が老眼になります。小さな文字がはっきり読めず、イライラがつのることなども増えていきます。

 実は夏場は、目のトラブルが起こりやすい季節。夏のギラギラ強い紫外線は、肌だけでなく目にも「日焼け」を起こします。さらにエアコンの効いた室内に長時間いると目が乾燥し、ドライアイを起こす原因にも…。こういったトラブルは目へ負担を与え、老眼を進行させる一因になってしまいます。

 日傘や帽子、UVカットの眼鏡を活用する、こまめに目薬を差すといった夏の目への対処に加え、ぜひ、本誌特集の2週間プログラムを実践してみてください。

関連ニュース