記事詳細

男=あだむ!?絶対読めないキラキラネームランキング (1/2ページ)

 最近は子どもにおしゃれで個性的な名前をつける親も少なくありません。中には普通には読むことができない、当て字の名前も存在するようです。そこで今回は、読むことが難しいキラキラネームについて探ってみました。

 1位 男

 2位 心姫

 3位 紅葉

 ⇒4位以降のランキング結果はこちら!

■1位は「男」!

 生まれてきた子どもが男性だった場合、「強くたくましく、男らしく成長してほしい…」そんな思いを込めて名前をつける人も多いはず。そこで“男”という漢字一文字の名前をつける人も。読み方はなんと“あだむ”。あだむ(アダム)といえば旧約聖書にて、神が最初に創造した男性の名前。長男だから“あだむ”という名前の由来を聞くと納得できても、聞かないと“おとこ”と読み間違う人が多く、1位となりました。

■2位は「心姫」!

 生まれてきた子どもが女性だった場合、“心”や“姫”という漢字を選ぶ人も少なくありません。見た目にもかわいい“心”や“姫”という漢字。この二つを組み合わせて“心姫”という名前をつける人も。“ここめ”、“こひめ”、“ここな”などとも読めなくはないですが、実は“はあと”と読む名前も存在するんだとか。さすがにこの当て字は読めないと感じた人が多く、2位となりました。

gooランキング

関連ニュース