記事詳細

【江口まゆみ 酔っぱライターのお酒見聞録】甘い香り、微発泡…なんともキュート! 新潟県「カーブドッチワイナリー」 (2/2ページ)

 掛川さんは、「まあ天気も良いし、外で一杯」と言うと、キャンベルでつくったペティアンを、ポンと抜いた。イチゴジャムのような甘い香りだが、味わいはドライ。微発泡の炭酸が、舌と喉に心地よい。なんともキュートなワインだ。

 もう一本は、アルバリーニョというスペインの品種。しっかりとした酸に、ほんのりと塩味を感じる。香りはジャスミンのようだ。旨い! じつはこのブドウ、新潟ワインコーストで最も注目されている品種なのだ。

 ■江口まゆみ 酔っぱライター。世界中の知られざる地酒を飲み歩き、国内でも日本酒、焼酎、ビール、ワイン、ウイスキーのつくり手を訪ねる旅を続ける。大人気のラブコメ漫画『酒と恋には酔って然るべき』(秋田書店)の原案を担当。

関連ニュース