記事詳細

【健康誌イチオシ特報】中高年にこそ「粉ミルク」を! 腸内善玉菌ふやし、栄養バランスよく、骨も丈夫に (1/2ページ)

 今、粉ミルクが注目を集めているのをご存じでしょうか。9月2日発売の『健康』10月号では「大人のための粉ミルク」を大特集。粉ミルクは赤ちゃんが飲むだけではなく、大人でも愛用する人が、実は増えているのです。栄養価に優れ安全性も高い粉ミルクは、大人にこそ取り入れてほしい魅力的な食品です。

 粉ミルクをすすめる薬学博士の久郷晴彦先生は、50年近く前から「粉ミルク健康法」を提唱してきました。そもそも粉ミルクに注目したのは、腸の研究がきっかけです。腸は非常に重要な臓器で、腸の健康状態は全身に大きな影響を与えます。

 腸内環境が整えば、食べ物の消化・吸収がよくなったり便通が改善したりするだけでなく、免疫力の向上や生活習慣病の予防にもつながります。

 そこで、腸に優しく、腸を健康にしてくれる食材はないかと研究した結果、粉ミルクに行きついたのです。粉ミルクには乳糖が豊富です。乳糖は腸内の善玉菌のエサとなるため、粉ミルクを飲むことで善玉菌が増え、腸内環境を改善してくれます。

 また、栄養バランスに優れていることも粉ミルクの大きな利点です。生まれたばかりの赤ちゃんは、まだ固形物を食べることができません。ミルクのみが栄養源です。そのため、乳児用の粉ミルクには赤ちゃんの発育や成長に必要な成分が、バランスよく含まれています。タンパク質などの必須栄養素はもちろん、不足しがちなビタミンやミネラルなども配合された、高栄養食品なのです。

関連ニュース