記事詳細

【青島美幸のスーダラクッキング】気が滅入るとき…一瞬でも癒やされる! 山形名産の山菜「うるい」 (1/2ページ)

 皆さん、コロナ対策大変ですね。青島美幸です。いろいろと気が滅入ることばかりですが、季節に期待したいところです。

 皆さん、「うるい」はもうご存知ですよね?

 山形名産の山菜です。今の時期にしか食べられない野菜です。炒めるとおいしいんです。

 華奢で楚々としていて、食べるとシャキシャキして、野菜じゃないみたい。

 可憐で天使みたいな野菜なんですってば。

 こういう優しい野菜を頂くとほんの一瞬でも癒やされます。

 だって先日の私ってば「え~~?」だったんです~。

 私が電車に乗って携帯電話を使ってゲームをしていたときの事。

 電車が止まると「ドドドドドド~ッ」とひとびとが入って来て、私の前も人で塞がったのを感じながらゲームをしていると、突然「バサッ」と上からものが落ちてきたのです。

 「ワッ」。

 見ると折りたたみ式の傘。

 その傘に目をやると、何事もなかったかのようにその傘を取り上げたのは、32歳ぐらいの栗毛色の髪を腰まで垂らした女性。

 「どうもすみません」と謝ってくれたのは、お連れの小太りな白髪の60歳ぐらいの男性。親子なのだろうと思いました。

 私はコロナウイルスにビクビクしながら

 「まぁいいや、こんなことよくあるよくある。だから気にしない気にしない」

 そういって私をなだめながらその傘の行方を追っていると、その女性はスマホから目を離すことなく棚に置いてある黒い大きなリュックサックの脇のポケットにその傘を差し入れました。

関連ニュース