記事詳細

【ベストセラー健康法】食べ過ぎが「免疫力低下」の原因 週に1回の「断食」で胃腸を休めれば、体調が整う (2/2ページ)

 月曜以外は、蒸留酒やワインなどならアルコールの摂取もOKだが、1日2リットルの水か白湯を飲むことも忘れずに。

 1回の食事で食べる量は「拳2つ分」を目安とし、食べ過ぎにならないように気を付ける。

 最初は断食中にふらつくこともあるが2回、3回と繰り替えして体質が改善されると、断食そのものが苦にならなくなるという。

 今回の『ビジュアルBOOK』では、人気料理研究家のリュウジ氏による“良食日・美食日”にオススメのレシピも紹介されている。自粛生活で手持ち無沙汰のお父さんは、料理に挑戦してもいいだろう。

 「超簡単につくれて胃腸にやさしい絶品レシピが満載です。全国の月断メイツたちが日々ツイッターに料理写真をアップしているので、仲間たちと一緒に楽しんで取り組んでいただけたら」と語るのは、編集を担当した文藝春秋ライフスタイル編集部の山本浩貴氏。

 健康のため、はもちろん、自粛が明けた時、久しぶりに会う同僚に「なんか変わりましたね!」と言われるためにも、試してみてはどうだろう。(竹中秀二)

 ■「月曜断食」読者から寄せられた改善例

□慢性疲労症候群

□肥満、隠れ肥満

□脂質代謝異常症

□頭痛、肩こり、耳鳴り

□腰痛、膝の痛み

□不眠症、鬱症状

□便秘、下痢、胃のむかつき

□月経前症候群、生理不順、不妊症

□むくみ、肌荒れ

□花粉症、アトピー性皮膚炎

□めまい、立ちくらみ

関連ニュース