記事詳細

先端再生医療「幹細胞治療」による膝治療、多くの患者は膝の痛みから解放され歩行も楽に BTRアーツ銀座クリニック・市橋正光院長に聞く (2/2ページ)

 

 市橋正光院長は「患者さんの脂肪組織から分離した幹細胞を培養(体外で大量に増やすこと)して膝関節内に注射します。幹細胞には損傷を受けた軟骨を再生、修復する効果があります」と話す。

 Aさんのように早い人では注射後2週間で痛みが軽減、階段を上れない人が上れるようになったという。全ての人に効果があるとは限らないそうなので、詳しくはクリニックへ問い合わせてみてはいかがだろうか。

 ■市橋正光(いちはし・まさみつ) 再生医療学会会員。1964年神戸医科大学卒業。70年神戸大学大学院医学研究科修了。72~74年ロンドン大学皮膚科学研究所留学。80年神戸大学医学部附属病院助教授。92年同教授。現在は名誉教授。2017年BTRアーツ銀座クリニック院長就任。(無料カウンセリング相談は03・6228・5224、www.artsginzaclinic.com)現在、特別価格にて施術が可能なモニター制度も実施中。

関連ニュース