記事詳細

先端再生医療・幹細胞治療 再生医療による膝治療を受けた喜びの声 (1/2ページ)

 先端再生医療として期待される幹細胞治療--BTRアーツ銀座クリニックでは、2017年9月に脳卒中後麻痺を改善する脳血管障害治療・脊髄損傷後麻痺改善の中枢神経障害治療、同年末に変形性膝関節症治療の認可を得て治療を始めた。現在までに数多くの治療を行い、多くの方が膝の痛みから解放されたという。その症例と患者の声をお聞きいただく第2弾。

 【症例(2)78歳女性・Bさん】

 ここ10年は常に膝に痛みがある状態だった。外出の際はショッピングカートを歩行器代わりに使用。椅子などからの立ち上がりには手すりが必要で、「ヨイショッ」と掛け声を出してからようやく立てるほどの状態だった。

 【診療後】

 幹細胞投与後、診察には歩行補助のショッピングカートなしで来院され、その場でスキップも披露してくれた。「出歩くことが楽しくなった」そうで非常に快活な様子だった。

 【Bさんの声】

 「投与して1カ月頃から痛みが減ってきました。気がつくと椅子から立ち上がるときや、ベッドから起きるときに必ず必要だった手すりが要らなくなっていました。先日は20年ぶりに屈伸運動もできたほどです」

関連ニュース