記事詳細

つらい膝の痛みに注目の膝軟骨再生医療 BTRアーツ銀座クリニック・市橋正光院長に聞く (1/2ページ)

 BTRアーツ銀座クリニックでは、2017年に変形性膝関節症治療の認可を得て現在までに数多くの治療を行い、多くの方が膝の痛みから解放され歩行も楽になったという。今回はコロナ禍のいま薬物療法、外科療法に次ぐ第三の治療として注目を集める幹細胞を用いた再生医療について市橋正光院長に聞いた。

 

 変形性膝関節症の治療には、ヒアルロン酸などを関節に投与し痛みを和らげる薬物療法や、入院が必要となる人工関節置換手術による外科療法などがある。

 薬物療法は一定期間ごとにヒアルロン酸を注入する必要があり、症状が悪化すると効かなくなることもある。対症療法なので投与から時間がたつと効果が弱まるからだ。

 そこで、近年第三の治療法として注目されているのが再生医療である。BTRアーツ銀座クリニックが変形性膝関節症で行う幹細胞治療もその効果が期待されている。

 市橋正光同クリニック院長は「患者さんの体脂肪組織から分離した幹細胞を培養して増やし再び患者さんの膝関節内に注射します。幹細胞が損傷を受けた軟骨などの細胞になると期待されるが、それだけではなくほかの細胞に働きかけて再生を助ける効果もあると思われます」と話す。

関連ニュース