記事詳細

つらい膝の痛みに注目の膝軟骨再生医療 BTRアーツ銀座クリニック・市橋正光院長に聞く (2/2ページ)

 ヒアルロン酸投与で痛みが和らぐ方には、再生医療の効果も出やすい傾向があるという。軟骨自体の再生が期待出来るため、効果が長期的に続くのもこの治療の大きなメリットの一つだ。

 再生医療は、人工関節置換を薦められるくらいに悪化した方では効果が出にくい傾向があるという。「まだ大丈夫」と我慢を重ねることで手遅れになってしまうこともある。そうなる前に、幹細胞治療を活用する事によって人工関節置換手術を先延ばしQOL(生活の質)を向上させることは充分に検討に値する。手術と違い入院不要な日帰り治療である点も高齢者にやさしい医療だといえよう。つらい膝の痛みに悩んでいるのであれば再生医療の専門家の意見を聞いてみるといいだろう。同クリニックでは治療対象となるか無料相談を受け付けているので問い合わせてみてはいかがだろう。

 ■市橋正光(いちはし・まさみつ) 再生医療学会会員。1964年神戸医科大学卒業。70年神戸大学大学院医学研究科修了。72-74年ロンドン大学皮膚科学研究所留学。80年神戸大学医学部附属病院助教授。92年同教授。現在は名誉教授。2017年BTRアーツ銀座クリニック院長就任。無料カウンセリング相談は03・6228・5224、www.artsginzaclinic.com)。現在、特別価格にて施術が可能なモニター制度も実施中。当院では感染症対策を厳重に実施しております。ご来院にはマスクの着用をお願いいたします。

関連ニュース