【PNN】“ウルトラの一撃”シリーズ初の甘デジ登場!「CRぱちんこウルトラバトル烈伝 戦えゼロ!若き最強戦士 Light Edition」

★「CRぱちんこウルトラバトル烈伝 戦えゼロ!若き最強戦士 Light Edition」(オッケー)

2017.04.21

  • 「CRぱちんこウルトラバトル烈伝 戦えゼロ!若き最強戦士 Light Edition」(オッケー)(C)円谷プロ(C)OK!!
  • ■ウルトラバトルモード 電サポ中の大当たり後に突入する確変30回転+時短70回転のモード(C)円谷プロ(C)OK!!
  • ■怪獣バトル ウルトラバトル中の演出のひとつ。敵怪獣の種類やゼロの攻撃の種類に注目だ(C)円谷プロ(C)OK!!
  • ■怪獣ステップアップ予告 甘デジ専用に追加された演出。文字のチェッカー柄はオッケーの激アツ柄だ(C)円谷プロ(C)OK!!
  • 「CRぱちんこウルトラバトル烈伝 戦えゼロ!若き最強戦士 Light Edition」基本スペック

 ウルトラマンシリーズ初の甘デジ「CRぱちんこウルトラバトル烈伝 戦えゼロ!若き最強戦士 Light Edition」(オッケー)が好評だ。MAX機でもファンを夢中にさせた演出はそのままに、ようやく甘デジファンの前に登場した。全大当たり後に確変に突入し、そこで大当たりを引けば以後70回転の時短がつく“突破型”で、爆発力は高め。好評稼働中。

 アナ この機種がウルトラマンシリーズ初めての甘デジということで、過去のシリーズを調べてみました。「ウルトラセブン」(2005年)、「ウルトラマン」(06年)、「ウルトラマンタロウ 戦え!!ウルトラ6兄弟」(12年)、「ウルトラバトル烈伝」(15年)の4機種ですね。すべてマックススペックです。

 解説委員 「タロウ」には「暗黒の逆襲」というミドルスペック機があったな。06年には「羽根ぱちんこウルトラセブン」という羽根物も出ている。とはいえ、やっぱりファンからすると「ウルトラシリーズ=マックス」という印象だ。

 アナ ウルトラセブンが出てから10年以上。待望の甘デジを喜んでいる人も多いでしょうね。

 解説委員 しかもこの機種は甘デジファンもマックス機のファンにも認められるようなスペックなんだ。

 アナ いわゆる「突破型」ですよね。

 解説委員 全大当たり後に30回転の確変に入って、この間に大当たりを引くと、以後は30回転の確変後に70回転の時短がつく。

 アナ 突破型にしては簡単そうです。

 解説委員 30回転以内に当たる確率は約53・6%だから、大当たりの2回に1回以上は突破できる計算だ。その先の時短70回転で大当たりを引ける確率は約50・6%だ。確変30回転+時短70回転でのトータル連チャン率は約77%ある。

 アナ かなり爆発力がありそうですね。

 解説委員 もちろん約100分の1で当たるから甘デジファンも納得だし、初回の30回転の確変を突破しさえすれば、一撃の出玉の魅力もある。だから甘デジファンにも従来のウルトラシリーズのファンにも受け入れられているんだと思う。

 アナ 演出面ではマックス機版のあの超多彩な演出がそのまま残っているわけですしね。

 解説委員 アイドルグループのでんぱ組.incなんかの撮りおろし映像も満載だし、ウルトラヒーローたちと怪獣たちとのバトルもバリエーションは多彩だからな。それでいて、甘デジらしく、マックス機では当たらなかったような何気ない演出で当たったりもする。

 アナ 長く愛されそうな機種ですね。以上、PNNでじた。

 <スペックの特徴>

 通常時(ヘソ入賞)からの大当たりの1%のみ、確変30回転+時短70回転のウルトラバトルモードへ。それ以外の大当たりは確変30回転のウルトラチャレンジへ。電サポ中の大当たりは必ずウルトラバトルモードへ突入し、16ラウンド割合も10%ある(ランクアップボーナスを含む)ため、出玉面の魅力も備えている。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。