zakzak

記事詳細

ちょい冷え対策にぴったり! 「サマーセーター」

 10年ぐらい前まで暑い日々が続く時節になると、風邪をひいてしまう体質に悩んでいた。体温調節がうまくできないからだろうが、これはいまだにまったく良くなっていない。暑い街を出歩いて電車に乗ると冷房のせいでうまく体が順応してくれず、電車を降りて取材先に行くとまた同じことの繰り返しとなる。

 暑いのと冷房の効いたことによるものであると思っている。私のような汗かき体質は、いきなり温度の低いところへ入るといっそう寒く感じられるそうだが、医学書を見ると睡眠不足とか水分補給が足りない、自律神経の乱れによるなどと書いてあるが原因不明としか言いようがない。そういう風邪ひき体質のために10年来サマーセーターを持ち歩いて、冷房の効いたところでは着ることにしていた。

 10年以上前に買った細番手の糸で編まれたサマーセーターは、最高級品質のシーアイランドコットン製で、とても高価だったので清水の舞台から飛び降りるような気持ちで買い求めたものだった。

 それがついに色あせ、ほころびもできてしまい泣きの涙で廃棄処分にした。そして同じようなものを探し求めて、たくさんの店でウインドーショッピングをしてみると気に入ったものが見つかったが、少ない小遣いでは手が出ない価格であきらめざるを得なかった。

 代わりになるものを探していたら、これならばというものが見つかった。この記事が出るころに店頭に並ぶユニクロ(http://uniqlo.com)の製品で、メリノウールを100%使用したもの。

 エクストラファインメリノのセーターとカーディガンだが、諸兄から夏なのになんでウールなのだという疑問をお持ちかもしれない。写真でも透けて見えるのがわかるような薄手軽量がたまらない。盛夏には冷房の効いたところや避暑地などで活躍し、秋になっても重宝するアイテムといえる。

 2カ月ほど前に買い求めたコットンのサマーセーターより軽く、バッグの中に丸めて入れても気にならない。セーターはVネック(9色ある)とクルーネック(11色)があり各税別2990円、カーディガン(6色)は3990円と財布にやさしい。ニットに付きものの毛玉ができにくい加工が施されていて、洗濯機で(ネットに入れて)洗えるというのも、またうれしい。

 ■執行雅臣(しぎょう・つねおみ) ファッションジャーナリスト。福岡県出身。中央大学卒業後、文化出版局入社。『装苑』『ハイファッション』『MR・ハイファッション』などの編集長を経てフリーに。毎日の街歩き情報をブログameblo.jp/3819tune1224/)でつづっている。

関連ニュース

アクセスランキング