zakzak

記事詳細

妻の裏方で介護サービス未開拓分野に着手 人脈、知識を生かした事業展開へ

 介護サービス業界にこれまでの知見を生かしたい-。

 高舘和洋(たかだて・かずひろ)さん(55)は大手金融グループの主に不動産部門で活躍してきた。ところが子育てが一段落した奥さんが介護関連の仕事を始めたところ、才覚を存分に発揮し、5年前に訪問介護・障害者支援事業所「カレッジケア」を運営するホープウェル株式会社を起業する。高舘さんも仕事の合間に経理業務などをサポートしてきた。手伝ううちに奥さんの才能と介護サービス業界の可能性に気づく。

 「身内のことなので言いにくいのですが、女房には大きな才能があります。自分は裏方としてプロデュースしてみたいと思ったんです」(高舘さん)

 高舘さんは早期退職し、奥さんの会社を役員としてサポートしながら、自分の知識や経験を介護サービス業の未開拓分野に生かしたいと2018年、株式会社カブスを設立する。

 「自分は主に不動産・建設業に従事してきました。そこで出会った大切な人脈があります。介護サービス事業を充実させながら、その周辺ビジネスを含め、今まで培った知識を生かした事業展開を図りたいと思っています。介護福祉事業を主軸にして地域の福祉拠点化(住宅、カフェ+α)事業をやらないかなどの相談が持ち込まれます。そういう案件は役割を切り分け、最終的にコラボできればと考えています」

 高舘さんはまず介護現場を知ることから始め、現場が想像以上に大変で、さまざまな制度にしばられていることを認識する。しかし、未熟であり、日々変化を求められ改革をし続けなくてはならない業界だからこそ、まだまだできることがあると確信したという。「この業界を取り巻く環境には未知数の可能性が埋もれていますよ」と力強く語った。(取材 構成 藤木俊明)

 ■夕刊フジ経由で入会→レンタル料1カ月分無料
 【夕刊フジ定年起業応援サロン】
 銀座セカンドライフのレンタルオフィス「銀座アントレサロン5号店」(東京都中央区築地4の7の3 築地ファーストビル6階)内に開設。本店登記や郵便・電話対応、OA機器の利用が可能で、会員は首都圏12カ所の他のサロンも自由に利用できる。夕刊フジ経由で入会すると、フリーデスクプラン(月額9505円)が1カ月無料。問い合わせはkigyo@fujinews.comまたは銀座セカンドライフ0120・08・4105。

 【銀座セカンドライフ】定年前後の起業サポートのほか、セミナー・交流会の開催、レンタルオフィスの運営も行う。片桐実央代表は起業コンサルタント、行政書士、FPとしてテレビ出演も多い。近著は『50歳からの人生がもっと楽しくなる仕事カタログ』(マガジンハウス)。

関連ニュース

アクセスランキング