zakzak

記事詳細

「セブンペイ」失敗 スマホ決済で出遅れ見切り発車…グループ全体の信用にも傷

 結局、まともに使われないまま9月で廃止が決まったセブン&アイ・ホールディングスのスマートフォン決済「7pay(セブンペイ)」。スマホ決済で出遅れ、セキュリティー面の問題を抱えながら見切り発車した結果、グループ全体の信用にも傷を付けてしまった。

 キャッシュレス決済では、電子マネーの「nanazo(ナナコ)」で先行していたセブン&アイだが、スマホ決済では出遅れていた。

 そこにソフトバンク系の「PayPay(ペイペイ)」が100億円還元キャンペーンをぶち上げたことで流れは一変、LINEやメルカリなどもスマホ決済を強化し、セブンの対応が注目されていた。

 セブンペイは、セブン-イレブンアプリに決済機能を組み込む形で導入された。会員システムはグループの通販サイトで使われたものだったが、2段階認証が備わっていなかった。

 ライバルのファミリーマートも7月から独自のスマホ決済「ファミペイ」を導入するとあって、7月スタートを強行したところ、不正利用者に脆弱(ぜいじゃく)性を狙い撃ちされた形だ。

 被害は7月末時点で全国の利用者808人、計約3861万円。何よりスマホ決済戦争から早々に脱落した痛手は大きい。運営会社のセブン・ペイは存続させるが、消費税増税に伴うキャッシュレス決済のポイント還元制度の参加事業者として登録申請は辞退する。

 セブン&アイ幹部は「もう一度サービスに参画できるかチャレンジしていきたい」と表明するが、「再チャレンジ」は簡単ではなさそうだ。

関連ニュース

アクセスランキング