zakzak

記事詳細

タピオカバブルは崩壊間近? 有力チェーン「ゴンチャ」が荒波を乗り越える条件 (2/3ページ)

 ◆タピオカだけを注目しても意味がない

 ゴンチャ ジャパンは、2015年3月に設立された。シブヤ経済新聞15年9月28日付「神宮前に台湾茶専門店『ゴンチャ』日本1号店」によると、韓国「ゴンチャコリア」の100%資本で、経営支援のリヴァンプに経営を委託している。ゴンチャコリアは16年に、台湾のグローバル本社を買収しているが、ゴンチャコリア株の65%は日本の投資ファンド「ユニゾン・キャピタル」が保有している(NNA ASIA、16年4月19日付「『貢茶』韓国法人、グローバル本社の買収へ」)。

 ゴンチャ ジャパンの葛目良輔社長は、TSUTAYA、スターバックスコーヒージャパン、日本マクドナルドなどを経てリヴァンプに入社し、経営を任されるに至った。

 ゴンチャコリアはわずか3年で300店を展開するほどの大成功を収めた。日本にも、「コーヒーは好まないがカフェは好き」あるいは「お茶を飲んでくつろぎたい」人は多いと考えて、事業展開を行っているという。

 ゴンチャをはじめとする台湾茶の店を分析する際、タピオカだけにフォーカスするのはもったいない。日々の生活のリズムにお茶を取り入れ、家や職場や学校と違うサードプレースの提案をしていることが見えてくる。その意味で、スターバックスがコーヒーを通して訴えてきたことを、お茶で行っていると言えよう。

 タピオカはキャッサバという芋の一種が原料で、でんぷんの塊なので小腹を満たせるのがポイント。今はタピオカの製法も進化して、食感が良くなっているだけでなく黒糖などで味が付いている。昔のように、味がほとんどない“残念な商品”からは格段に進化している。

 プラスチック製カップの放置が一時社会問題となった。しかし、原宿を歩いてみるとゴミはほとんど見かけず、ずいぶんと改善されている印象だ。ゴンチャでも、レシートやカップに貼り付けするラベルに環境美化の文言を記載したり、一部店舗で周辺エリアの清掃をしたりといった活動を行っている。プラスチック以外の材料を使う案も検討中だ。

 ◆乱立するタピオカ店

 タピオカ店の店舗数トップ10は次のようになっている模様だ(19年8月5日時点、筆者調べ)。

 1位「ゴンチャ」(41店)、2位「パールレディ」と「ブルプル」(ともに30店)、4位「ジ・アレイ」(25店)、5位「パールレディ 茶バー」(19店)、6位「チャタイム」(17店)、7位「台湾甜商店」(15店)、8位「春水堂」(14店)、9位「CoCo都可」(ココトカ、12店)、10位「茶加匠」(11店)。ちなみに、11位は「カフェナンバー」(10店)で、この辺りは競っている。

 特に17年以降、台湾から続々とブランドが上陸している。列挙すると、春水堂、ゴンチャ、ジ・アレイ(17年8月、表参道に日本1号店オープン)、チャタイム(全世界約600店。17年11月、銀座に日本1号店オープン)、ココトカ(全世界に3000店。17年2月、渋谷センター街に日本1号店オープン)。

 19年にオープンしたのは、「幸福堂」(全世界に60店以上。4月25日、原宿にオープン)、「チャノン」(4月27日、原宿にオープン)、「吉龍糖」(ジロンタン、4月29日、恵比寿にオープン)、「珍煮丹」(ジェンジュダン、6月14日、渋谷・MAGNET by SHIBUYA109にオープン)、「山林艸木」(サンリンソウキ、7月31日、大阪・阪神梅田本店にオープン)などで、枚挙にいとまがない。なお、春水堂は系列のテークアウト専門「TPティー」が4店ある。

 この他、米国・ロサンゼルス発祥の店もある。「アースカフェ」(13年、代官山に日本1号店をオープン。日本に6店)や、「アルフレッド・ティールーム」(17年、青山に日本1号店オープン。日本に4店)が該当する。

 日本発のパールレディは03年創業。タピオカが廃れていた時代を生き抜いたタピオカとクレープの店。系列のタピオカ専門店、茶バーを合わせれば最大手となる。

 ブルプルは12年、東京・亀有で創業。ブルドッグのキャラクターが特徴で、他店より100円ほど安い。系列に「灯」が2店、「台湾甜品研究所」が1店がある。台湾甜商店は、台湾出身のオーナーが17年9月に大阪・梅田で創業した店で、生タピオカを売りにしている。

 茶加匠は18年2月に東京・大久保で創業し、都内に拡大中。カフェナンバーは18年2月に大阪・堀江で創業、化粧品のような容器がインスタ映えすると人気だ。

 ◆外食チェーンやコンビニでも

 喫茶、ハンバーガー、ファミレス、回転寿司、焼肉などのチェーン店でもタピオカを出す店が増えている。

 タピオカを扱った実績のあるチェーンは、販売終了したところを含めて、タリーズコーヒー、ドトールコーヒー、ミスタードーナツ、プロント、モスバーガー、ロッテリア、ファーストキッチン・ウェンディーズ、フレッシュネスバーガー、クアアイナ、デニーズ、ジョナサン、バーミヤン、ココス、スシロー、はま寿司、かっぱ寿司、牛角などとなっている。

 コンビニでも、セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニ・ストップ、ニューデイズといった大手チェーンで、タピオカ入りドリンクの販売実績がある。

ITmedia ビジネスオンライン

関連ニュース

アクセスランキング