zakzak

記事詳細

空気から水を作る技術が商品化、将来は水道管が不要に!? 被災地、途上国支援に期待

 空気から水を作る-。そんな技術がすでに確立し、商品化も始まった。家庭やオフィスの飲料用だけでなく、被災地やインフラ整備が遅れている途上国での清潔な水の提供など用途はさまざま。設置や維持に費用がかかる水道管が、将来はいらなくなるかもしれないというから驚きだ。

 仕組みは簡単で、一定以上の温度、湿度の空気を冷やすことで空気中の水蒸気を水滴に変え、集めて水にする。技術は2010年代初めに米国で軍事用に開発されたとの説があり、殺菌や除菌などをすることで飲み水として利用できる。

 「空水機」と銘打って昨年末に商品化したのは「MIZUHA」(東京)。泥水を飲んでいるアフリカの子供たちを見た同社のオーナーが「何とかしようと思った」のがきっかけで、開発に乗り出した。

 高さ115センチ、幅45センチと小型冷蔵庫ほどの大きさ。電気が必要で、湿度60%、気温25度で1日16リットル程度の飲料水を作れるという。水道管などの配管工事は不要だ。

 業務推進本部の宇佐美彰部長は「殺菌技術に苦労した。銀イオンが最適と判断し採用した」と話す。主に家庭やオフィス向けで、希望小売価格は税別で68万円。湿度30%、気温10度を切ると水を作りにくくなるという。

 災害時などに医師を派遣する国際医療援助団体「AMDA」(岡山市)と提携する計画も。被災地の医療現場で清潔な水を利用するため、トラックなど大型車両に積んで太陽光発電や発電機などで稼働させることを検討している。

 機械製造事業などを手掛けるアクアテック(東京)は、5月から「製水機エアリス」の量産化に乗り出した。湿度20%以上、気温は0度を上回れば水を作ることができるといい、冬場や乾燥した地域でも使える(オープン価格)。

 水谷慎吾社長は「東日本大震災を機に開発を始めた。電気が復旧しても水道管の破損などで水道の復旧は遅れる」と意義を強調。フィルターを通して空気を取り入れるため、大気汚染の地域でも問題ないとしている。

 すでにインドネシアやカンボジア、インドなどアジア諸国に加え、アフリカの国からも問い合わせが来ており、途上国向けに機械を大型化し、産業用や生活用として大量の水を供給する計画もあるという。

 国内企業との交渉も始まっている。災害に強い家として太陽光発電などとともに設置したり、列車に搭載して走りながら飲料水を作ったりすることが検討され、用途はさらに広がりそうだ。

 ご当地飲料水も将来、ご当地の空気から作る飲料水が商品になるかも…。

関連ニュース

アクセスランキング