zakzak

記事詳細

【トップ近況】行動指針は「企業統治改革の主要な原動力」 東京証券取引所・宮原幸一郎社長

 東京証券取引所の宮原幸一郎社長(62)は、東証や金融庁が近年導入した、上場企業と機関投資家のあるべき姿を示した行動指針について「企業統治改革の主要な原動力となっている」と語る。企業経営の監督体制強化の実現に向け「独立社外取締役の人数が劇的に増えた」と例示する。

 一方で「変化は表面的なものにとどまり、実質を欠いている」場合もあると指摘。形を整えるだけでなく、透明で公正な経営を行う意識を企業文化として根付かせることが重要だと強調した。

関連ニュース

アクセスランキング