zakzak

記事詳細

【モテる男の1万円服装術】白シャツは「襟元が9割」 肌着はVネックを選び、漂白も忘れずに

 仕事着の相棒といえば「白いワイシャツ」。社会人にはなじみが深い白シャツですが、選び方ひとつで女性の反応は劇的に変わります。

 値段・番手(糸の細さ)・ブランドなど、購入の決め手は人それぞれですが、印象を左右する「シャツの基準」は意外と知られていません。本日は「1枚でモテる白シャツ3つの工夫」についてお伝えします。

 人は「全体の雰囲気を『先端の印象』で判断する」傾向があります。これは清潔感を気にするホテルマンの間では有名な逸話です。つまり、「シャツの先端である『襟元』で印象が9割決まる」といっても過言ではありません。

 1つ目のポイントは「ネクタイ次第で襟型を変える」ということ。ノーネクタイならば、襟にボタンが付いた「ボタンダウン型」。ネクタイを絞めるなら、一般的な「レギュラー型」を選びましょう。

 女性がガッカリするオヤジファッションは、ノーネクタイのときに襟先がピョコっと浮いている姿です。これが男のノーネクタイ姿をだらしなく見せる原因です。襟にボタンが付いていれば、シャツの第一ボタンを開けても襟先は遊びません。

 2つ目のポイントは「首元から肌着を見せない工夫」です。ワイシャツの下に着る肌着は丸首ではなくVネックを選びましょう。

 ノーネクタイ姿で第一ボタンを外したとき、首元から肌着が見えている男性がいます。汗を吸収する肌着から連想するイメージは「清潔感の敵、生活感」です。

 とはいえ、高温多湿の日本で、「素肌に白シャツ」という選択肢はありません。肌着を着ることは正解ですが、見えてしまうことがNGなのです。

 ちなみに、白シャツから透けない肌着の色は、意外にも「白ではなく、ベージュが正解」です。男性アナウンサーの衣装を用意するスタイリストさんにとってベージュの肌着は必需品です。

 3つ目のポイントは「白シャツのお手入れ」です。シャツの襟裏を意識したことはありますか。「生地が白いからこそ、襟裏の黄ばみが目立つ」という女性の声を耳にします。ノーネクタイで第一ボタンを外すと襟裏が見えてしまいます。クリーニング・洗濯にかかわらず、「汗抜き(漂白)」を時折行いましょう。

 以上3つの工夫で、白シャツ1枚の着こなしは大きく変わります。

 ■森井良行 スタイリスト。のべ4500人を超えるビジネスマンの買い物に同行し、現在はおしゃれを学ぶコミュニティー「エレカジ大学」を主催。「日本元気シニア総研」研究委員やAll Aboutメンズファッションガイドを務める。5冊目の著書『38歳からのビジネスコーデ図鑑』(日本実業出版社)を10月発売予定。

関連ニュース

アクセスランキング