zakzak

記事詳細

一時は存続危機だったラーメン「幸楽苑」が復活している理由 (1/2ページ)

 餃子や中華そばなど、昔の味を再現するキャンペーン「創業祭(65周年)」を行い、賑わいを見せているラーメンチェーン店の「幸楽苑」。いまでは全国500店舗を超える大型チェーンに成長したが、不祥事などもあり、一時は存続が危ぶまれるほどの業績低迷に見舞われた。その幸楽苑が復活できたのはなぜか--。経済ジャーナリストの有森隆氏がレポートする。

* * *

 全国にラーメンチェーン「幸楽苑」を展開する幸楽苑ホールディングスの業績が回復傾向にある。

 2019年4~8月の国内の直営既存店の売上高は前年同期に比べて3.2%増、客数は3.1%増、客単価は0.1%増だった。業績が回復したといっても、ようやく水面上に顔を出したところだが、1年前の2018年4~9月は、それぞれ3.6%減、2.4%減、1.3%減と軒並み前年割れでマイナスに沈んでいた数字を見れば、立て直しているといっていいだろう。

 この夏も、流行する「台湾野菜まぜめん」を販売したり、期間限定で20年前の味を再現した「餃子クラシック」や「中華そばクラシック」を提供する創業キャンペーンを行ったりするなど、なにかと話題を振りまいている。

 そもそも幸楽苑は1954年、新井田司氏が福島県会津若松市に「味よし食堂」を開店したのが始まり。その後、息子の新井田傳(つたえ)氏が、東京で修業をした後、帰郷。1966年、味よし食堂の調理場に立った。修業先の「幸楽飯店」から2文字もらい店名を「幸楽苑」として1970年、株式会社に改組。そして、1978年、父の後を継いで社長になった。

 傳氏が社長になって以降の成長は目覚ましかった。1997年、ジャスダックに店頭登録。2002年に東証2部、翌2003年には東証1部とトントン拍子で昇格。2015年7月、持ち株会社体制に移行、幸楽苑ホールディングスを設立した。

 傳氏は「国内最大1000店のラーメンチェーン網」を築くべく、北は北海道から西は中国地方まで、主に郊外やショッピングセンターのフードコートなどを中心に店舗を急速に拡大してきた。そのほとんどが直営方式でFC店はわずかだ。

 だが、「禍福はあざなえる縄の如し」で、2016年10月に異物混入事件が発覚。ラーメンどんぶりが二つに割れるようなスキャンダルが起きた。静岡市内の店のパート従業員の女性がチャーシューの仕込み作業をしている最中に左手親指の一部を誤って切断。それがチャーシューの保管容器に3日間に入ったままになっていたのだ。

 保健所への報告が遅れたことも重なり、問題の特異性から報道が過熱した。消費者の反応も厳しく、売り上げと客数は1割以上落ち込み、業績は低迷。2018年3月期は最終損益が32億円の赤字に転落し、監査法人から「事業継続のリスク」を指摘された。企業の継続に黄信号がともったのだ。

 そんな緊急事態に傳氏が真っ先に取った策が、赤字店舗の閉鎖だ。国内直営店は2017年8月に548店に達していたが、店舗の閉鎖を進め、今年8月末時点で506店まで減らした。

 だが、業績浮上のテコとなったのは、不採算店の大量閉鎖などリストラだけではない。他業態への大胆な転換である。

 「いきなり!ステーキ」のペッパーフードサービス(東証1部)が元気いっぱいの時期にフランチャイズ(FC)契約を結び、2017年12月21日に福島市でステーキ店を開業。2018年3月までに福島、宮城両県の4店を含め6店にウイングを広げ、2019年3月期には10店が新たに加わり、トータルで16店になった。

 その後、「いきなり!ステーキ」は失速気味だが、機を見るに敏だったことは確かである。1号店(福島太平寺店)は幸楽苑が運営する“裏業態”のとんかつ店「とんかつ厨房伝八」を改装した。とんかつよりステーキのほうが客単価が高いから、客が来れば利益率は確実にアップする。

 傳社長は同日の開店セレモニーで、業績低迷にふれながら「事業の立て直しに一番早いのは、いま日本で一番元気がいいところと組むことだ」と語り、「(ステーキ店に)ヒントをもらいながら、ラーメンで必ず良い結果を出したい」と強調した。

 不採算店の業態転換も奏功し、2019年3月期は黒字転換の見通しとなり、実際に10億円の最終黒字を達成した。そして、最悪期を脱したと肌で感じた傳氏は2018年11月1日付で会長になり、長男の昇副社長にバトンを渡した。

NEWSポストセブン

関連ニュース

アクセスランキング