zakzak

記事詳細

【ぴいぷる】奥田瑛二、洗い流した“格好いい俺” 9日公開の映画「洗骨」主演で“ごく普通の男”役に (1/2ページ)

 時代劇の武将や僧侶に茶人。現代劇の医師や検事に刑事、画家…。さまざまな役柄を演じ分けながら、渋い演技派俳優としての地位を築きあげてきた。

 「俳優としてもう一度、原点に立ち返るようなキャラクターを演じたい。今がそのラストチャンスの時期かもしれない…」

 そう考えていた頃に“ごく普通の男”の役柄の出演依頼がきた。

 沖縄古来の葬式の風習を題材にした映画「洗骨」(9日公開)で、妻を亡くしたショックで酒浸りになり、自堕落に生きる夫の役を演じた。

 「情けない夫で、子供たちから見たらダメ親父の役。なぜ、俺なのか」

 出演を依頼してきた監督に、その理由の真意を確かめようと、自宅近くの喫茶店で会った。

 「理由はあなたの目。瞳の奥底にある悲しみを演じてほしい」

 こう監督に言われ、心が動いた。

 「悲しい瞳か…。俳優人生の集大成として演じられるかもしれない」と出演する決意を固めた。

 監督は、沖縄出身の照屋年之。お笑いコンビ「ガレッジセール」のゴリだ。

 沖縄の離島、粟国島に住む信綱(奥田)は妻(筒井真理子)を失い、途方に暮れていた。長男(筒井道隆)と長女(水崎綾女)はそんな父に愛想を尽かす。島には、死者を火葬せず、4年後、遺体の骨を遺族で洗い清める洗骨の風習が残っていた…。

 「『まだ“格好いい奥田瑛二”が残っている!』。撮影初日のファーストテイクで、いきなり監督からこう言われましてね」

 頭を冷やそうと、いったん撮影現場を離れ、沖縄の潮風に打たれた。「次の瞬間、奥田瑛二をすべて捨て去り、信綱になれた」と振り返る。

 万年床の布団で下着姿のまま伏せる信綱。「奥田瑛二史上、最も格好悪い役かもしれませんね」

 「金曜日の妻たちへIII 恋におちて」など“金妻(きんつま)”シリーズへの出演で注目され、「不倫したい俳優No.1」の称号を得るが、映画俳優へのこだわりは強く、熱意はやがて映画監督への憧れへと変遷していく。

 50歳で監督デビューを果たし、2004年に松坂慶子主演で「るにん」を、06年に緒形拳主演で3本目の監督作「長い散歩」を撮り、モントリオール世界映画祭でグランプリを獲得した。

 「実は今もオリジナルの監督作品の脚本を執筆中です。今年秋にはクランクインしたい」と意欲を見せる。

 「洗骨」で、父に反抗的な長男に対し、長女は父を慕う“父さんっ子”だ。

 「長女役の水崎さんが撮影の休憩中、私がロケ弁当を食べていると『おとう、お茶飲む?』と言って隣へ座るんです。娘は本当にかわいいね」

 娘の話になると自然に頬が緩み、次女、安藤サクラの出演ドラマの話題に。現在、サクラがヒロインを演じるNHK連続テレビ小説「まんぷく」を「毎日欠かさず見ています」と言う。「1話15分しかないのでもどかしく、録画して1週間分まとめて見直すのが楽しみ」と、娘の活躍をうれしそうに語る。

関連ニュース

アクセスランキング