zakzak

記事詳細

坂口杏里がまたまたお騒がせ イベントをドタキャン→デリヘル出勤報道 「本気で芸能界に戻る気あるのか」声も

 元タレントの坂口杏里(28)がまたもやお騒がせだ。発売中の『週刊女性』が、先月、登壇する予定だったイベントをドタキャンした揚げ句、デリヘル(風俗産業の一種)に出勤していたという驚きのエピソードを紹介している。タレント復帰を目指すと宣言する彼女だが、いささか言動不一致が目立ちすぎるようだ。

 女優、坂口良子さんの長女である杏里は2016年にセクシー女優に転向。恐喝事件で逮捕(のちに不起訴)されると、17年9月に引退宣言。ロック座でストリップデビュー直前に降板する騒動を起こすなど何かとお騒がせだが、現在はデリヘルで働きながら芸能界への復帰を目指している。

 そんな彼女、先月19日には、友人であるウーマンラッシュアワーの中川パラダイスが大阪で開催するイベントに出演することになっていた。しかし、彼女は登壇しなかったのだ。

 『週刊女性』は、イベント関係者の証言として開始の1時間ほど前に、中川のLINEに杏里から「逆流性食道炎で駅に行く途中で吐いてしまって動けないです」と連絡があったと伝えている。

 しかし、イベント中に後輩芸人が「杏里ちゃんは今日、東京のデリヘルに出勤してますよ」と衝撃の発言をしたというのだ。

 杏里は昨年12月に芸能界復帰を宣言した後、「風俗の仕事は辞める」とSNSで発信していたが、いまだに辞める気配がない。

 「ネット上では『本気で芸能界に戻る気はあるのか』との批判が上がっています。そんな中、これまで60分2万円だった料金が105分1万円にまで値崩れしていることが話題になりました」と週刊誌記者。

 水があっているのは、どの職場なのか。

関連ニュース

アクセスランキング