zakzak

記事詳細

【ミッキー吉野 Half Century交遊録~天国の恩人たち~】忘れられない“ひばり御殿”の想い出 美空ひばりさん

 美空ひばりさんとステージで共演したことはありませんが、つながりは芸能界の誰よりも深かったかもしれません。実は横浜の磯子区にあった僕の実家は、高台の上にあった“ひばり御殿”の真下。御殿を見に来る観光バスが僕の家の前に止まっていたりしました。

 家が近かっただけではありません。友達のお父さんがひばりさんの親戚の方で運転手もされていたので、友達に誘われて御殿に遊びに行っていたんです。ひばりさんの映画が完成すると部屋で試写会をやるんですが、一緒に観たこともありました。スピッツが大人気の時代にすでにポメラニアンが何匹かいて、かわいいって言ったら1匹くださったこともあります。

 一番すごかったのは独身最後の誕生日パーティー。ベランダのところにびっしりビッグ・バンドが入って、ひばりさんが歌ってくれました。庭には屋台がズラーッと並んで、まさにお祭り状態。個人宅のあんなすごい光景、他ではありませんでした。

 僕がゴダイゴを結成して、日本コロムビアで新人賞を受賞したとき、ひばりさんも同じコロムビアだったので、会場でお会いしました。「子供のころによくうかがわせていただきました」と言うと、「あら、坊や。良かったわね」って、なぜだか僕の乳首を指でクリクリして(笑)。周りで見ていたみんなは、どう思ったことでしょう。

 いつ顔を合わせても、いつも「あら、坊や」なんですが、残念ながら共演は…。実は、1989年の横浜博でひばりさんがザ・ゴールデン・カップスと共演することが前年には決まっていました。でもそのころにはもう体調を崩されていた。

 僕が、共演が決まっていながら、かなわなかった大スターは3人いて、ひばりさんと石原裕次郎さんと越路吹雪さん。本当に残念でした。

 ひばりさんがお亡くなりになったとき、告別式に参加させていただきました。中に入れてもらった芸能人はわずかで、堺正章さんたち7~8人と一緒に僕がいることができたのは、子供のころからのつながりがあったからだと思います。(友人・諏訪勉君に感謝)=おわり

 ■ミッキー吉野(みっきー・よしの) 1951年生まれ、横浜市出身。68年、ザ・ゴールデン・カップスに加入し『長い髪の少女』がヒット。71年に米バークリー音楽大学に留学し、74年に帰国。76年にゴダイゴ結成。2005年「スウィングガールズ」で日本アカデミー賞最優秀音楽賞を受賞。29日に夕刊フジ・ロックフェスティバルVol.2「ミッキー吉野 Half Century」を恵比寿ザ・ガーデンホールで開催。10月にリリースする初のオールタイムベストCD「A Half Century Of MY Music Variety」(G-matics)を同会場で独占先行発売する。

関連ニュース

アクセスランキング