zakzak

記事詳細

忘れん坊な私… それって日本人だから!?

★其ノ弐百九拾八

 情けない話ですが、よくモノをなくします。

 この仕事に就いて、マネジャーがいてくれることでやや改善はされましたが、仕事に行く前や出張の支度をしているとき、「~持った?」「~は用意できてる?」「~は預かっておくから」とあれこれ注意してくれる人がいないまま大人になっていたら…と考えると、若い頃より情けなさが増しているかもしれません。

 1人にしておいたら、今のほうがますます忘れん坊になっている可能性が高そうです。うっかりからくる物忘れ歴は長いので、よほど気を付けていないと、大人になれば治るどころか進行していくほうが可能性は高いでしょうからね…。

 こんな話を知人にすると笑われるのですが、先日も忘れ物の話で盛り上がって(本来は盛り上がってはいけないですが)いましたら、仲間のうちの1人が「それって、私たちが日本人だからってのもありそうだよね」と言うのです。

 どういうことかと聞いてみると、海外暮らしの経験もある彼女いわく日本は落とし物はどこかに届く場合が多いし、忘れ物をしてもお金さえあればコンビニなりスーパーなりで緊急で買えるし、どんなアクシデントがあってもそこまで困らないような環境が出来上がりすぎている…というのです。

 「昔はレンタルビデオ屋さんでカードを忘れても、電話番号と名前を言ったら何とかなってさ。そしたらカードますます忘れちゃうようになっちゃって」と笑う彼女。もしかしたら私よりも忘れん坊将軍なのかもなと思いながら、そうだよね…そんな国、あんまりないよね…とつられて笑ってしまいました。

 しかし、この話には疑問が。「いつも財布にカードって入れてないの?」と。よく使うカードはまとめて財布に、という習慣は私でも身に付いています。それを聞くと彼女は「あー、それね」という顔に。どうも、当時は飼い犬の散歩中に近所のレンタルビデオ屋さんがあったようで、ふらっと行きたくなってしまうときに限って犬をつれており、しかも散歩用の小銭入れしか持っていないという背景があったのだとか。「犬も店の前につないでおいても安全だって思っちゃうと、ついねー…」。確かに、その安全さもこの国オリジナル(?)でしょうか。いずれにせよ、忘れ物はできるだけしないように、日々確認ですね。

 ■壇蜜(だん・みつ) 1980年12月3日生まれ、秋田県横手市出身。本名・齋藤支靜加。158センチ、B85・W60・H89。昭和女子大卒。写真集『モナリザ-雫-』『モナリザ-結晶-』(いずれも講談社)が発売中。

 レギュラー番組は文化放送『大竹まことゴールデンラジオ!』水曜パートナー、テレビ埼玉『板尾壇(談)』、TBS『サンデージャポン』(隔週)、NHKラジオ第2『高校講座 保健体育』、文化放送『壇蜜の耳蜜』など多数。

みなさんもお気を付けくださいね

関連ニュース

アクセスランキング