zakzak

記事詳細

松村沙友理、乃木坂1期生の卒業続き「寂しいという気持ちが強い」 4期生は「みんな素直で純粋」 (1/2ページ)

 アイドルグループ、乃木坂46のメンバーとして活躍する松村沙友理への直撃インタビュー後編。映画「東京ワイン会ピープル」(10月4日より公開)で映画初主演を務める彼女が、ワインへのこだわりをはじめ、最近笑ったことや辛かったことなど近況を報告。またメンバーの卒業が続く乃木坂46について、1期生としての思いを告白した。個人活動としてやってみたいことにも言及。松村が語った“彼女らしい”抱負とは?(zakzak編集部)

<初の主演映画「東京ワイン会ピープル」が10月4日から公開されますが、これまでプライベートでワインを飲む機会はありましたか?>

 「もともと体に良いという話を聞いていたので、お酒を飲むならワインがいいのかなと思って飲んでいました。でも、全然ワインの知識はないですし、(演じる桜木)紫野のような独特な感性も持っていません(笑)」

<ちなみに赤と白だったら、どっち?>

 「基本的には赤が好きだったんですけど、お寿司の時は白がいいよって教えていただいて。実際に試してみたらとても合うことを知りました。和食は白で、お肉の時は赤が美味しいですね」

<好みの味は?>

 「私は軽めが好きです。映画の中にも出てくる“新世界(ニューワールド)”と言われているアメリカ産のワインが飲みやすいですね」

<お酒は強いタイプ?>

 「そうですねぇ、ある程度は…。劇中で本物のワインを飲んでいましたけど、撮影中は酔っ払ったりしませんでしたよ(笑)」

<最近、ハマっている食べ物は?>

 「鮭明太って知っていますか? 乃木坂46のツアーで福岡に行った時に出合ったんです。鮭と明太子を混ぜたものだと思うんですけど、ホントに美味しくて。それぞれの味はケンカすることなく、超仲良し(笑)。ひたすら、ご飯と一緒に食べていました。ご飯がなかったとしても、その鮭明太とお茶があれば十分! お取り寄せしようと思ったら3ヵ月待ちだったんですけど注文しました。年内中には届くので楽しみにしています(笑)」

<最近、笑ったことは?>

 「私の母はすごく面白い人なんです。この間、東京に来たので二人でお出掛けしたんですけど、関西人だからすぐ他人の会話に入っちゃうんですよ(笑)。その時は、母と二人で歩いていて道が混んでいたんです。たまたま、私たちと並行して歩いていた人が『ここ、すごく混んでいるよね』って言ったら、母が『ホンマやね』って返事をしちゃって(笑)。その人は一緒にいた人に話し掛けたんです。そんなことがしょっちゅうですから。母といると面白いことばかり起こります(笑)」

アクセスランキング