zakzak

記事詳細

麻生久美子、制服美少女は“隠れグラマー”だった

 10月期ドラマは注目したい名作の続編が2本も。

 まず、間違いなくヒット&話題となるのが『まだ結婚できない男』(10月8日スタート、フジテレビ系)でしょう。前作『結婚できない男』から実に13年ぶりの続編。これは個人的にかなりハマったドラマでした。

 続編制作が発表されたとき、阿部寛氏演じる主人公・桑野信介は、創造の物語の中であっても13年後にどうなったのか? と思ったほど。夏川結衣様演じる女性医師と、恋に落ちる直前の絶妙な雰囲気があり、ラストカットは2人が暮らすであろう住宅模型でエンド。

 ストーリーは公開されていませんがタイトルから“ああ桑野は結局、結婚しなかったのか”と。

 母親役の草笛光子様、妹役の三浦理恵子様など家族役、仕事上で関係する塚本高史氏、不破万作氏の配役は同じ。

 ですが、桑野を巡る女性役は入れ替えで吉田羊様、深川麻衣様、稲森いずみ様が。

 個人的な希望ですが前作の各キャラのその後に少しだけでも触れてくれたなら。ゲスト出演などあれば、前作からのファンは大いに盛り上がるはずですが。

 そして、もう1本が『時効警察はじめました』(10月スタート、テレビ朝日系)。第1シリーズが2006年。第2シリーズが翌07年ですから12年ぶりの続編です。

 ヒロインは前シリーズと変わらず麻生久美子様。久美子様といえば、今村昌平監督の映画『カンゾー先生』(1998年)でヒロインを演じ、日本の映画賞を総ナメに。

 脱ぐことをいとわない弱冠20歳の新人女優に衝撃を受けました。

 『時効警察』でコメディエンヌとしての才能を開花させ、もはや役の幅の広い実力派の女優。

 しかし芸能界入りのキッカケは95年に週刊ヤングジャンプ「全国女子高生制服コレクション」でグランプリを獲得。ゆえに、初期は水着グラビアの展開アリなのです。

 なかでもデビュー年(95年)の『久美子』(撮影・平地勲、スコラ)はお宝化している1冊。当時17歳ながら、色気を感じる表情&ポーズ多数。スタイルもいわゆる隠れグラマーだったりいたします。

 久美子様も今や41歳、2児の母。しかし、年齢をまったく感じない美貌が素晴らしい!(永瀬白虎)

関連ニュース

アクセスランキング