zakzak

記事詳細

【YFM 夕刊フジmusic】ミッキー吉野、タケカワユキヒデのコンビネーション! タケカワ「僕の音楽歴の中でも相当かっこいいものに」

 29日の夕刊フジ・ロックフェスティバルVol.2「ミッキー吉野 Half Century」(恵比寿ザ・ガーデンホール、前売り8000円)は、ミッキー吉野とタケカワユキヒデの、今までにないコンビネーションに注目だ。60~70年代の洋楽ロックをタケカワがシャウトする。

 「これまでのヒット曲もやりますが、普段ゴダイゴでは歌っていないような曲をタケカワが歌ってくれるので、いつもとは違う姿を見ることができます。かなりハードなタケを、僕自身もすごく楽しみにしているんですよ」と吉野。

 盟友2人が出会ったのは、1970年代半ば。75年発表のタケカワのソロアルバム「走り去るロマン」を吉野がサポートして、翌76年にゴダイゴを結成した。

 「最初にタケに会ったとき、まず魅力に思ったのが作曲能力。本当の意味でのポップなメロディーは、ほかの日本人アーティストにはなかなかなかった。素晴らしいセンスを感じました」。以降四十数年間、ゴダイゴは活動中止の期間もあったが2006年に恒久的再結成を果たし、日本のロック界を牽引してきた。

 そのタケカワが、吉野が10代のころに大好きだった洋楽ロックを歌う。2人のコラボレーションのなかでも珍しい趣向となるが、楽しみに快諾した。

 「ミッキーとの、いつもとは違う形でのコラボ・コンサート。しかもハードロックを主体にするライブ。僕の45年の音楽歴の中でも、相当かっこいいものになるんじゃないでしょうか。僕も、ワクワクしています」

 バックは若手が固め、芳野藤丸、山本恭司という名うてのギターレジェンドが華を添える。タケカワがどの曲を歌うのかと思うだけでもドキドキする。もちろん、ゴダイゴを含めた邦楽もスタンバイ。新たに決まった2人だけのゴダイゴ『ピアノ・ブルー』には感動しかないだろう。このライブは必見だ。

                   ◇

 ■ミッキー吉野サイン会決定 ベスト作品集「AHalf~」購入者対象

 お宝グッズをゲットするチャンス! コンサート当日に会場で独占先行発売される「A Half Century Of MY Music Variety オールタイム・セレクション 1968-2019」を購入された方を対象に、終演後、ミッキー吉野がサイン会を行います。

                   ◇

 ◆PLAY LIST◆

君は薔薇より美しい/布施明

銀河鉄道999/ゴダイゴ

ザ・バース・オブ・ジ・オデッセイ~モンキー・マジック/ゴダイゴ

長い髪の少女/ザ・ゴールデン・カップス

ピアノ・ブルー/ゴダイゴ

The Earthmatics/ミッキー吉野

……………………………………………………

A Whiter Shade of Pale/PROCOL HARUM

Born To Be Wild/STEPPENWOLF

Crossroads/CREAM

Hush/DEEP PURPLE

I Want You/THE BEATLES

Little Wing/JIMI HENDRIX

Superstition/STEVIE WONDER

You Are So Beautiful/JOE COCKER …and more

関連ニュース

アクセスランキング