大荒れ坂口杏里、突然の「中絶」報告にネット上も困惑 芸能界復帰宣言、ドタキャン…“かまってちゃん”の心配な日々続く - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

大荒れ坂口杏里、突然の「中絶」報告にネット上も困惑 芸能界復帰宣言、ドタキャン…“かまってちゃん”の心配な日々続く

 元タレントの坂口杏里(29)が大変なことになっている。24日、自身のインスタグラムで中絶したことを明かしたのだ。坂口は昨年12月、インスタで妊娠したことを公表していたが、今回の報告にはさすがにネット上も困惑している。

 坂口はインスタのストーリー機能に「あと教えてやるよ DMうっさいから お腹(なか)の子、中絶したよ さらざるおえないし」と投稿。

 これは昨年12月に妊娠を公表して以降、寄せられていたDMへの返信とみられる。

 坂口は、大荒れの様子で「誹謗(ひぼう)中傷する奴、自粛終わったら店来て直接いって 言えない 顔出せない ひよってるならDMしてくるな 暇人が」と怒りをぶちまけている。

 さらに投稿を続け、性暴力を受けたことで妊娠したと訴えた上で、「子供大好きだから育てようって覚悟もあったよ」「でもね、現実考えたら自分の生活で働かなきゃいけない」と切実な思いもつづっている。

 「坂口は昨年の後半、前に勤めていた店とトラブルが起きていたこともあり、不安定な状況が続いていました。現在は東京・新宿歌舞伎町のキャバクラ2軒で働いており、投稿内容も落ち着いてきたかと思ったら、突然の中絶報告で再びネット上を大荒れさせています」と芸能ニュースサイト編集者。

 さらにこう続ける。

 「彼女の場合、突然芸能界への復帰を言い出したり、ライブをドタキャンしたりとお騒がせが続いています。このため、ネット上では彼女の真意を推し量りかねた結果、“かまってちゃん”という扱いになっており、混ぜっ返すような反応が多いのです。このため炎上しがちなんです」

 心配な日は続く。

関連ニュース

アクセスランキング

×