【エンタなう】エロおやじたちやりたい放題 “12歳女子”への異常性愛あぶり出す、映画「SNS-少女たちの10日間-」 - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

エロおやじたちやりたい放題 “12歳女子”への異常性愛あぶり出す、映画「SNS-少女たちの10日間-」

 小紙で以前にも紹介したが“12歳女子”に対するエロおやじの異常性愛をあぶりだしたチェコ映画「SNS-少女たちの10日間-」の中身が、あまりに衝撃的だ。世界じゅうがリモートでつながる中、性犯罪の温床としてのSNSを深く掘り下げている。

 巨大な撮影スタジオに造られた3つの子ども部屋。オーディションで募った幼い顔立ちの18歳以上の女性3人が“12歳女子”という設定の下、SNS上で“友達”を募集する。すると、たちまち10日間で2458人もの成人男性がコンタクトを取ってきた。精神科医、性科学者、弁護士らが待機するスタジオで、彼女らは男たちを挑発しないように少女に成りきるが、性的ないやがらせや要求はどんどんエスカレートするばかり。

 一見、おとり捜査のような手法だが、女性側は「自分からは連絡しない」「12歳であることははっきり告げる」「露骨な性的指示は断る」などのルールを貫く。それでも、中年男性たちは、自身の下半身や獣姦の動画を見せるなどやりたい放題。あげく少女から金を脅し取ろうとするヤカラまで。後半、カフェで男性と対面する場面のやりとりが生々しく、チェコ警察を動かすことに。

 児童への性的搾取は、国を問わず深く潜行している。日本では教員による児童・生徒への性暴力が後を絶たず、今まさに法整備が急がれている。ドッキリやリアリティーショーの撮影手法が、最も有効に使われた“真実の恐怖”は、一見にしかず。順次全国上映中。(中本裕己)

関連ニュース

アクセスランキング

×