声優・芦田愛菜が家出少女を熱演 アニメ映画『岬のマヨイガ』 - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

声優・芦田愛菜が家出少女を熱演 アニメ映画『岬のマヨイガ』

 アニメ映画『岬のマヨイガ』が初日を迎え、東京都内であった舞台あいさつに、声で出演した俳優の芦田愛菜、大竹しのぶ、粟野咲莉と川面真也監督が登場した。芦田は「この映画が、皆さんにささやかな幸せを届けてくれたらいいなと思います」と笑顔をみせた。

 芦田が演じたのは、ある事情から家を飛び出した17歳の少女ユイ。両親を亡くして声を失った8歳の少女ひより(粟野)とともに、血のつながりがないキワさん(大竹)に引き取られ、岬に立つ古民家「マヨイガ」で不思議な共同生活を送る。

 芦田は印象に残った場面として「3人が縁側でみそおにぎりを食べるシーン」を挙げた。「本当にくだらない話で笑い合っていて、こういう小さな幸せが身近にある日常がすてきだなと感じました」としみじみ。

 物語の舞台は岩手県。粟野は伝統工芸の南部鉄器に心を引かれているという。「南部鉄器の急須でお湯を沸かすと、鉄分が入っておいしくなると知った。旅行に行ける時が来たら、家族で買いに行きたい」と元気いっぱいにコメントした。

 11歳にしてはかなり渋い趣味を披露した粟野に、大竹は「小学生で南部鉄器なんてすごいね」と目を丸くしていた。

関連ニュース

アクセスランキング

×