約80年ぶり再映画化された奇跡の作品 映画「ブライズ・スピリット~夫をシェアしたくはありません」9月10日公開 - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

約80年ぶり再映画化された奇跡の作品 映画「ブライズ・スピリット~夫をシェアしたくはありません」9月10日公開

 約80年ぶりに再映画化された奇跡の作品が10日から公開される。『ブライズ・スピリット~夫をシェアしたくはありません』(エドワード・ホール監督)がそれ。

 原作が『陽気な幽霊』と聞いて舞台劇が好きな方は、すぐに「ああ、あれか」と思い出されることだろう。そう名作の誉れ高いイギリスの作家ノエル・カワードの戯曲だ。彼の傑作『陽気な幽霊』は1941年に発表されると、たちまち2000回上演されるという金字塔を打ち立てた。45年にはデヴィッド・リーン監督が映画化した。

 いかにカワードがすごい人か。ポール・マッカートニーやブライアン・フェリー、エルトン・ジョンといったスターが彼のトリビュート・アルバムに参加し、リスペクトを表明しているのだ。

 そして今回はイギリス最高の俳優たちがホール監督のもとに集結して、色あせない超人気作品の再発見に貢献しているというわけ。

 本作のプロデューサー、メグ・レナードは「カワードの作品が再評価される時期に来ていると感じた。今は元気が必要な時だから」と映画化のいきさつを語る。

 スランプに陥っていた犯罪小説のベストセラー作家、チャールズは降霊会を行うことに。実はチャールズのベストセラーは7年前に事故死した先妻エルヴィラのアイデアだったのだ。だから降霊会でエルヴィラを呼び戻し、またヒントを得ようと考えたのだ…。

 チャールズ役のダン・スティーブンスは『ダウントン・アビー』で人気者に。二番目の妻・ルース役のアイラ・フィッシャーも大ブレーク。エルヴィラ役のレスリー・マンも名うてのコメディエンヌ。だが、怪しい霊媒師マダム・アルカティ役のジュディ・デンチのおかしくも重厚な演技があってこそ、この映画が成功しているといえる。だてに大英帝国の勲章と勲位を誇るわけではない。

 デンチは新人のころ劇場でカワード本人に会っている。「関係者に彼を紹介してもらって握手したの。今でも彼のアフターシェーブ・ローションの香りを覚えている。数日間、手を洗わなかったからね」と話すように、大女優も当時はミーハーだったわけだ。 (望月苑巳)

関連ニュース

アクセスランキング

×