zakzak

記事詳細

金正恩氏が“虚勢”演説 「米と3回目の首脳会談を行う意欲ある」

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は12日の最高人民会議で施政演説を行い、核問題で物別れに終わった2月末の米朝首脳会談で、米側が一方的な要求をしたと批判した。同時にトランプ大統領との個人的関係は良好だとし、米側が正しい姿勢で臨むのなら3回目の米朝首脳会談を行う意欲があると述べた。朝鮮中央通信が13日伝えた。米側に噛みついた上で、何なら3回目をやってもいいと虚勢を張った北のトップ。あまりの滑稽ぶりに世界も笑っている。

 正恩氏は「わが国家と人民に関する問題では一切の譲歩も妥協もしない」と述べ、制裁に屈しない姿勢を強調。米朝交渉をめぐり「今年末まで忍耐心を持って米国の勇断を待つ」と述べ、米側に態度変化を迫った。

 正恩氏は、北朝鮮と友好的に接する全ての国と関係を強化すると述べた。対日関係への言及はなく、最高人民会議は12日に閉会した。

 ラヂオプレス(RP)によると、北朝鮮最高指導者による「施政演説」は1990年5月に最高人民会議で故金日成(キム・イルソン)主席が行って以来初めてという。

 一方、北の動向をめぐっては、米シンクタンク戦略国際問題研究所(CSIS)が先日、今月7日に撮影された衛星写真に基づき、軍事パレードの可能性があるとの分析を公表した。15日の金日成主席の誕生日や、25日の朝鮮人民革命軍創建日に実施される可能性もあるとしている。

関連ニュース

アクセスランキング