zakzak

記事詳細

《zak女の雄叫び お題は「改」》維新、公明「都構想」で合意 市民にわかりやすい説明を

 大阪市を廃止し、特別区に再編する大阪都構想をめぐり、公明党大阪府本部が、これまで一貫してきた反対方針を180度転換し、賛成することを表明した。4月の大阪府知事・大阪市長選、統一地方選の維新の大勝を受け、方針転換した形で、府本部代表は「民意」を尊重したと強調する。

 公明の協力により、大阪維新の会の悲願であった都構想の2度目の住民投票が早ければ来年秋にも実施されることになった。前回は僅差で否決された都構想。今回、維新は前回よりもバージョンアップした都構想の制度案をつくりたいと意気込む。大切なのは、改めて大阪市民にとって、どんなメリットがあるのか、どんなデメリットが生じるのかを分かりやすく伝えることだと思う。

 制度案を作成する法定協議会では、今後、都構想に賛成である維新の委員が過半数を占め、公明の委員と中心となって制度案の中身を詰めていくことになる。特別区に再編されることで、行政の仕組みや市民生活にどのような影響がでるのかについて、決して甘い見方にならないよう、議論を深めてもらいたい。

 選挙で維新が大勝したからといって、それが都構想への支持とは限らない。「最終的に判断するのは市民だ」と維新の松井一郎代表が言うように、市民が賛成か反対かを正しく判断できるような材料を提供することが大切だ。

 制度案はこれから約1年程度かけてつくられる予定。市民が大阪の未来がどうなるのかについて興味を持てるよう、さまざまな仕掛けも考える必要がある。そして、市民も当事者意識を持ち、関心を持ってもらいたいと思う。(有)

【zak女の雄叫び】取材や日常…。女性記者21人が月ごとのキーワードで本音を綴るリレーコラムです。5月のお題は「改」です。

アクセスランキング