zakzak

記事詳細

【瀕死の習中国】逃げるようにその場を後に…習近平氏にとって“危険地域”となった香港とマカオ 関係者「長老たちはもう、習主席をかばわない。サジを投げた」

★(2)

 香港の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は12日、地元テレビ局のインタビューで、共産党独裁の中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「『逃亡犯条例』改正案を撤回しない」ことを明らかにし、「自由」と「民主」「法の支配」を死守しようとする学生らによるデモを「組織的な暴動行為」と非難した。しかし、15日午後には、「審議を無期限延期する」と述べるなど二転三転している。

 なぜか?

 「行政長官に選択肢はない。悪法の実施を表立ってやる『切り込み隊長』として中国共産党に使われている。従わなければ彼女の家族も危険にさらされる」

 反中国共産党の活動家らがこう語るように、ラム長官は“パペット(=操り人形)”なのだろう。香港大規模デモの背景には、中国共産党内部の死闘、最終決戦が控えている。

 お飾りのラム長官は、2017年3月に任命された(7月就任)。結論から言えば、彼女は第1次習近平政権で香港を主管する中国政府の最高機関「中央香港マカオ工作協調小組」の当時トップ、張徳江氏(中国共産党序列第3位)が推した人物である。

 ただ、張氏の上にはさらに大物の黒幕がいる。香港マカオ工作は長年、江沢民元国家主席派の超大物、曽慶紅元国家副主席(元序列5位)が担ってきた。彼は別名「江派二号人物」と呼ばれる。

 香港マカオの工作は、曽氏から習氏に渡り、その後、張氏が引き継ぎ、現在の第2次習政権では、江派の韓正・筆頭副首相(序列7位)が、その地位にある。習氏が現在の地位へのぼり詰める過程では、絶大なる権力を有した江氏と、事実上ナンバー2だった曽氏の力が大きかった。

 ところが、習氏は総書記と国家主席の座を射止めて、突如、牙を剥いた。「トラもハエも」の掛け声で、江一派の利権や資産を奪取し、汚職で次々と幹部を捕まえ、監獄や鬼籍に追いやってきたのだ。

 このため、習氏にとって香港とマカオは危険地域になってしまった。

 習氏と夫人らが2年前の6月下旬から7月1日、香港を訪問した。国家主席として初めて、9年ぶりの訪港だったが、保安当局や警察当局は、安全保障レベルを最高級の「反テロ厳戒態勢」に引き上げた。中国本土からも、事前に人民解放軍や武装警察などが大量投入され、「暗殺に怯える」習氏の周囲に、よそ者が近づかない態勢を整えた。

 さらに、習氏が昨年10月にマカオ入りする直前には、マカオのトップ、中国政府の出先機関である「マカオ連絡弁公室」主任の転落死も報じられた。江派だった主任の死因も謎だが、「香港・珠海・マカオ大橋」の開通式に、習氏は異様な警備体制のなか、30分以上も遅れて登場し、スピーチらしいスピーチもせず、逃げるようにその場を後にしたという。

 「長老たちはもう、習主席をかばわない。サジを投げている」

 元最高指導者、トウ小平一族に「近い」筋からは、このような話も伝え漏れる。

 ■河添恵子(かわそえ・けいこ) ノンフィクション作家。1963年、千葉県生まれ。名古屋市立女子短期大学卒業後、86年より北京外国語学院、遼寧師範大学へ留学。著書・共著に『「歴史戦」はオンナの闘い』(PHP研究所)、『トランプが中国の夢を終わらせる』(ワニブックス)、『中国・中国人の品性』(ワック)、『世界はこれほど日本が好き』(祥伝社黄金文庫)など。

関連ニュース

アクセスランキング