zakzak

記事詳細

北朝鮮、日本海に向けてミサイル2発を発射 飛行距離は430キロ

 韓国軍合同参謀本部は25日、北朝鮮が同日午前5時34分と同57分に東部虎島(ホド)付近から日本海に向けて2発の飛翔(ひしょう)体を発射したと明らかにした。高度約50キロを飛行し日本海に落下。飛距離は1発が約430キロ、もう1発はさらに遠くまで飛んだ可能性があるとしている。

 日本政府関係者は短距離弾道ミサイルと確認したと明らかにした。

 岩屋毅防衛相は、弾道ミサイルなら国連安全保障理事会決議違反との認識を示し「警戒監視に万全を期したい」と述べた。安倍晋三首相は「わが国の安全保障に影響を与える事態ではないことを確認している。今後、米国と緊密に連携していく」と述べた。

 北朝鮮は5月4日と9日に新型とみられる短距離弾道ミサイルなどを発射している。9日に発射した弾道ミサイルは最大で約420キロ飛行しており、高度は約50キロで、専門家はロシア製の高性能弾道ミサイル「イスカンデル」に酷似していると指摘していた。

 金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は6月30日に軍事境界線がある板門店(パンムンジョム)でトランプ米大統領と会談した。だが、トランプ氏が「2~3週間以内」としていた実務協議の開始見通しを過ぎても実施されず、北朝鮮は米韓が8月に予定する合同軍事演習を問題視する姿勢を強めている。

アクセスランキング