zakzak

記事詳細

警察無線を「ユーチューブ」に投稿 男性2人を書類送検

 警視庁の警察無線の音声を「ユーチューブ」に投稿したなどとして、警視庁保安課は23日、電波法違反の疑いで、岩手県花巻市のアルバイトの男性(49)を書類送検した。音声は山梨県警の元警部補が不正に傍受、録音したものだった。

 男性は無線の音声を収録したCDをインターネット上で購入してサイトにアップしており、「注目を集められると思った」と供述している。CDを約3000円で売った浜松市のパート従業員の男性(41)も同容疑で書類送検した。

 音声は2009年に起きたひき逃げ事件に関するやりとりで、山梨県警の警部補だった50代の男性が県警の受令機を使い都内で傍受し、録音したものと判明。インターネットで知り合った兵庫県の男性に音声を売却し、この男性が浜松市の男性にCDを渡したという。

 元警部補は別の不祥事で数年前に懲戒免職された。電波法の時効は3年で元警部補と兵庫県の男性は立件できなかった。

アクセスランキング