zakzak

記事詳細

高野連「選手に危険」で日の丸外し…いっそ朝日の社旗つけたらよかったやん “後から弾”の野球日本代表に同情するで

 いっやあ、台風15号スゴかったのう。東京近郊の交通網はズタズタ、至る所で倒木に冠水…。

 その台風並みにますますヒドなっとるのが、日韓関係や。あの反日大統領が側近の“タマネギ男”の法相任命を強行し、韓国国民の大統領への不信はもはや決定的や。その大統領とタマネギ男が次に考えそうなことっちゅうたら韓国国民の怒りのホコ先をまた反日に向けることしかない。

 このタイミングで、来年の東京五輪ボイコットブチ上げ、やれ、ありもしない福島の放射能の疑惑やら、韓国選手の健康を守るためやの、世界で韓国人だけが「戦犯旗」とインネンつける旭日旗を日本人サポーターが打ち振るうかもしれんやの…韓国国民の反日をあおりにあおって、自らに降りかかった火の粉を払うのに必死のパッチになるんは必定や。何せこのままやったら、タマネギ男ともども、先代の女大統領と同じ運命たどるハメになるからな。

 せやけど、今回の野球のU18W杯は後味悪かったのう。日本チームは、日本領事館前に、国際法無視して建てられた「従軍慰安婦」やの、実は志願工やった「徴用工」の像がある釜山で試合して韓国にサヨナラ負けや。まぁ、勝負は時と場所の運や。相手が、勝つためには、どんな汚いことでもやる韓国やろうと、舞台が、反日市民だらけの釜山やろうが、負けは負けや。

 ただし、や。日本選手団には同情せざるをえん。せやかて、そやろ。今回の韓国入国の際、日の丸も「JAPAN」のエンブレムも外せ、と命令されたのである。一時は競技用のユニホームからも日の丸を外すように企んどったのである。日本の高野連が、や。

 野球のルールもろくに知らんようなジイさんがテレビカメラの前でこう言い放ったのである。「日の丸をつけたときの選手の身に降りかかるかもしれん危険を考慮した」やと。

 このクソ暑い炎天下に、2時間も3時間もプレーさせ、投手には100球も200球も投げさせて、選手生命が危険に陥ることには目をつぶっておきながら、日の丸背負って韓国入りする選手団には「危ない」とコクのである。

 あの夏の甲子園大会の予選から決勝戦まで、すべての興行、仕切っとるんは、あの朝日新聞やろ。日本の高野連っちゅうたら、その“天下り先”に成り下がっとるんとちゃうか?

 せや、いっそのこと日の丸の替わりに朝日新聞の社旗つけさせたらよかったやん。「旭日旗」にちょこっと似てても、韓国人は朝日だけは許してくれるで。何せ、ありもしない「日本軍に強制連行された従軍慰安婦」のデタラメを世界中にばらまいてくれた“お手柄”があるからのう。

 ■宮嶋茂樹(みやじま・しげき) 報道カメラマン。1961年、兵庫県明石市生まれ。日本大学芸術学部卒業後、「フライデー」専属カメラマンをへて、フリーになり、数々のスクープ写真を撮影。世界の戦場でも取材を行う。

関連ニュース

アクセスランキング