zakzak

記事詳細

“タマネギ法相”親族の疑惑で逮捕請求棄却 韓国・ソウル中央地裁「逮捕の必要性は認められない」

 「タマネギ男」こと韓国のチョ国(チョ・グク)法相の不正疑惑を巡り、ソウル中央地裁は11日、チョ氏の親族が投資した私募ファンドの運営会社代表ら2人に対する横領容疑などの検察の逮捕状請求を棄却した。理由について「事実関係をおおむね認め、証拠も収集されている。現段階での逮捕の必要性は認められない」と説明した。韓国メディアが報じた。

 ファンドを巡っては、親族の不透明な資金運用や、投資先企業による公共工事の受注増加が指摘されている。検察は、2人の身柄を確保して疑惑解明の突破口としたい考えだったとみられ、今後の捜査に影響が出る可能性もある。

 報道によると、街路灯関連機器の製造会社はファンドから投資を受けた後、公共事業を多数受注。当時、チョ氏は大統領府高官に就任しており、検察はチョ氏の影響力を使って不正受注した可能性もあるとみているもようだ。

関連ニュース

アクセスランキング