zakzak

記事詳細

日韓、IAEA総会で原発処理水巡り激しい応酬 「関係がここまで悪化しているとは…」

 国際原子力機関(IAEA)年次総会初日の16日、東京電力福島第1原発で増え続ける放射性物質を含んだ処理水の処分を巡り、日韓が一般討論で批判の応酬を展開した。韓国は「汚染水」との表現で、処理水を海洋放出することの恐怖感を強調、日本は事実に基づかない主張と否定した。両国メディアの取材も過熱気味となり議場は一時、異様な雰囲気となった。

 輸出規制強化問題などでの世界貿易機関(WTO)での争いや、東京五輪・パラリンピックでの旭日旗の扱いをめぐる国際オリンピック委員会(IOC)を舞台にしたあつれきに続き、国際機構での日韓対立がさらに拡大した形だ。

 日本の竹本直一IT・科学技術担当相は韓国の名指しは避けつつ、放射性物質で汚染された水の処理を巡り科学的根拠のない批判を受けることがあると指摘。一方、韓国科学技術情報通信省の文美玉第1次官は汚染水の処分方法が未定のため「世界中で恐怖と不安が高まっている」と訴えた。

 文氏は、高濃度汚染水の海洋放出を思わせる表現で環境被害などに言及し、IAEAによる現地調査などを要請。これに日本の代表団は、汚染水を浄化した処理水の話だと修正した上で、処分方法は未定と反論した。

 日本側はまた、国際社会への透明性を引き続き確保しIAEAと協力して適切な対処をするとしたが、韓国側は「汚染水」との表現を変えずに反論し応酬が続いた。

 IAEA筋は「東京とソウルの関係がここまで悪化しているとは驚いた」と話していた。(共同)

アクセスランキング