zakzak

記事詳細

小泉進次郎環境相、台風15号の被災地視察 「住民から『もう大丈夫です』といわれるまで仕事」

 小泉進次郎環境相は16日、台風15号で被災した千葉県南房総市を視察し、災害廃棄物の仮置き場で石井裕市長と面会するなど精力的に動いた。

 進次郎氏は「被災地を忘れず、住民から『もう大丈夫です』といわれるまで仕事をする」と述べ、ごみ収集車の増加や、県内の別の市町村などがごみを引き取る広域処理に向けた調整を進める考えを示した。

 視察先には数十人の住民やボランティアが集まり、進次郎氏は「もしも環境省という名前が入ったこの服、ビブス、職員を見たら、私の代理だと思って、何かあれば言ってほしい」と声を掛けながら、握手に応じた。

 進次郎氏はかねて「原発ゼロ」を訴えてきた。電気が通らず、生活に不安を抱える被災者を見て、どう感じたのか。

関連ニュース

アクセスランキング