zakzak

記事詳細

松井大阪市長“重大決意”進次郎氏に決断と行動迫る! 処理水「科学が風評に負けてはダメ。海洋放出やるべきだ」

 東京電力福島第1原発で増え続ける有害放射性物質除去後の処理水について、日本維新の会の松井一郎代表(大阪市長)が重大決意を披露した。環境被害が生じないという国の確認を条件に、大阪湾での海洋放出に応じる考えを示したのだ。国民的期待が大きい小泉進次郎環境相にも「決断と行動」を迫った。ついに政治が動き出すのか。

 「科学が風評に負けてはダメだ。自然界レベルの基準を下回り、環境被害がないものは、国全体で処理すべきだ」

 「被災地に嫌われてでも(海洋放出を)やるべきだ。将来、総理を期待される人が『所管外だから』と、批判をそらすのは非常に残念だ」

 松井氏は17日、大阪市内で記者団にこう語り、進次郎氏に問題と向き合うよう求めた。

 進次郎氏は視察先の福島県いわき市で「松井市長に会う機会があったら、考えを聞いてみたい」と記者団に語った。

 処理水問題は、原田義昭前環境相が退任直前、批判を覚悟して「海に放出し、希釈するしか方法がない」と問題提起した。処理水の海洋放出は世界で行われている。

 ところが、進次郎氏は「率直に申し訳ない」と漁業関係者に謝罪し、火消しに走った。

 こうした姿勢に、維新の橋下徹元代表はツイッターで、「小泉さんは逃げてはならない。『復興を後押しするのも環境省の仕事だ』と言っていたはず。放射性物質の一般論を述べ、国民の理解を促すのは環境省の重要な仕事だ」と発信した。

 冒頭の松井氏に加え、維新副代表の吉村洋文大阪府知事も「小泉大臣が腹をくくれば、腹をくくる地方の政治家も出てくる」と発信した。

 進次郎氏は覚悟を決められるのか?

 政治学者の岩田温氏は「進次郎氏は悪意はないが、最初の言動が軽率だった。首相を目指すうえで、自分で試金石をつくった。科学的に問題がなければ、進次郎氏も最後は海洋放出を容認するだろう。科学が風評に負けるのは国辱だからだ。進次郎氏にハッパをかけた松井氏の男気も評価したい。現実的なことをやるように迫る『健全な野党』の姿を示した」と語っている。

関連ニュース

アクセスランキング