zakzak

記事詳細

中国政府のイラン・イラクへのコロナ支援巡り世論は二分

 中国政府は新型コロナウイルスに感染して200人以上の死者を出しているイランと、50人以上の感染者が出ているイラクに医療チームを派遣するとともに、WHO(世界保健機関)に新型肺炎への予防や治療などのために2000万ドルの支援金を拠出した。

 これに対して、中国のネット上では「いくら友好国だとはいえ、外国に医療チームを送る前に、武漢での感染を阻止することが先決だ」との声があがる。その一方で、「イラン、イラクは新型ウイルスの対処方法が分からないのでないか。中国では感染者が減っているので、他の国の支援も考えるべきだ」との意見もあり、政府の対応について世論が割れているようだ。

 イランでは3月12日現在、新型コロナウイルス感染者数は、累計で1万75人に達した。死者も429人となった。イランは中東で最も被害が深刻で、世界でも中国、イタリアに次いで、3番目に感染者数が多い。

 イランは中国と古くからの友好国であることから、中国政府は先月から医療チームを派遣しているが、感染者数は拡大する一方で、治療は後手に回っている状況だ。このため、中国は第2陣の医療チームを派遣することも検討しているという。

 やはり中東で中国の友好国であるイラクでは12日の時点で61人のコロナウイルスが確認され、そのうち6人が死亡している。感染被害は軽微といえるが、今後拡大することも考えられることから、イラク政府は中国指導部に医療チームの派遣を要請。これを受けて、中国疾病管理予防センターの7人の専門家で構成される医療チームが7日の夜にバグダッドに到着。患者の検査、治療、フォローアップケアを支援するために1か月間、イラクに滞在する予定だ。

 一方、WHOのテドロス・アダノム・ゲブレイェソス事務局長は7日、ジュネーブの国連本部で国連ジュネーブ事務局やスイスの各国際機関の常駐代表の陳旭大使と会談し、中国政府から2000万ドルの支援金を受けたことを明らかにした。テドロス事務局長は「WHOは引き続き中国との調整と協力を強化し、流行の予防と管理に関するより大きな国際協力を推し進める」と語った。

 中国の習近平国家主席は中国共産党の最高会議で、中国は「発生を封じ込める上で国際協力を深め、責任ある大国であることを示す」と強調しており、中国の大国としての影響力拡大を誇示する狙いがあるとみられる。

 これに対して、ネット上では「武漢では毎日、多数の人々が亡くなっており、食糧も十分ではない市民も多数いる。習近平は海外への支援よりも、まずは自分の国の国民を救うべきではないか。元はと言えば、習近平指導部が最初にしっかりとした対策をとっていれば、このように新型ウイルスが世界に拡散することはなかったのだから」など、辛辣な書き込みが出ている。

 その一方で、「中国が感染源だからこそ、新型ウイルスで苦しんでいる海外の友を救うべき義務がある。いまは、中国のことだけを考えている時ではないのだ」との声も出ており、ネット上では論戦が繰り広げられている。

NEWSポストセブン

関連ニュース

アクセスランキング