zakzak

記事詳細

世界的大流行が「加速」 WHOテドロス事務局長、危機感訴え

 世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は23日の記者会見で、世界全体で感染者が35万人を超えるなど、拡大局面が続く新型コロナウイルス感染症について「パンデミック(世界的大流行)が加速している」と述べ、改めて危機感を示した。

 また、各地で感染者の治療に当たる医療従事者が必要としているマスクや手袋などが不足している事態の改善に向け、今週開催予定の20カ国・地域(G20)首脳の緊急テレビ電話会議で協力を訴えると表明。「増産と輸出禁止措置の解除に加え、必要としている所に確実に行き渡るようにすることを求める」とした。

 テドロス氏は「最初の感染例が報告されてから、感染者が10万人に達するまでは67日かかった」とし、その後は感染者が10万人ずつ増えるのに11日間、4日間と、期間が短くなってきていると指摘した。

 その上で、感染疑い例に積極的にウイルス検査を行い、隔離を行うなどの対策を継続すれば「このパンデミックの軌道を変えることができる」と述べ、各国に感染拡大防止に向けた行動を継続するよう呼び掛けた。(共同)

関連ニュース

アクセスランキング